短編1
  • 表示切替
  • 使い方

泥棒はよくないね

小学校のときの話。

父親が瓶に500円玉を貯めていましてね。

大きな瓶の半分以上にまで貯まってたんですよ。

で、誰もいない隙をうかがってはパクってたんですよ。

はじめは2枚とか3枚だったんですけど、だんだんエスカレートしていって、しまいには1万2万とか、金額から計算して

20枚とかパクるようになってました。

あるとき、週末に友達と遊びに行く約束してて、

案の定金なかったから、

家に誰もいなくなる機会をうかがってたんです。

母親が妹つれて買い物にいくという、絶好の機会になりました。

僕は二人が家をでた後、

早速マイバンク(親父の金ですけど、そう呼んでました)から500円を抜いていったんですよ。

そのとき、後から思いっきりドン!て背中叩かれて。もう心臓とまるかと

思いましたよ。

母親だと思ってごめんなさいってふり返ると。

誰もいないし・・・。

僕が振り向いた壁の向こうに、仏壇があるんですよ。

何かすっごい怖くなって

家庭内盗人稼業から足洗ったの覚えてます。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ