短編1
  • 表示切替
  • 使い方

お爺ちゃんと曾孫

お爺ちゃんが大好きでした。

私が16で妊娠した時も

「ちぃと早いが、神様が授けて下さった命じゃ。大切に育てるんじゃよ」

とニコニコした顔で言ってくれました。

妊娠中は体調が悪く、あいに行けず3月に出産し、夏に曾孫の顔見せに行くことになりました。

しかし、4月にお爺ちゃんは亡くなりました。

原因は、餅を喉に詰まらせ窒息死でした(冗談の用な本当の話…皆さん餅は良く噛んで召し上がって下さい)。

顔見せられなかった。

ものすごくショックでお葬式はずっと泣いてました。

静かに目をつむり横たわっている姿は本当眠っているようでした。

棺にお花を添えてあげる時「曾孫無事産まれたよ。」

と子供を見えるようにし、報告しながら手を棺に入れると、お爺ちゃんの目がカッと開き曾孫を見たのです。

ビックリしてお花を棺の中に落としてしまいました。

もう一度見ると元に戻ってました。

見間違いかもしれませんが、私はお爺ちゃんが最後に曾孫を見てくれたのだと思いました。

怖くないし、乱文失礼しました。

読んで下さりありがとございます。

怖い話投稿:ホラーテラー ぱんださん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ