せかいでいちばんおいしいらーめん

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

せかいでいちばんおいしいらーめん

ぼくはおふろでねていたらしい、からだがまっかかにほってている。

どうしよう?おかあさんにおこられる・・

しかしぼくはそれよりもじぶんのからだからたちこめるとんこつらーめんみたいなにおいのほうがきになった。

よくみればぼくのからだはほねににくがすこしずつこびりついている、まるでやきざかなをへたにつっついたみたいになっていた。

どたばたどたばた・・

おかあさんはねていたらしい、「あ~あ」となごりおしそうにつぶやいている。

そしておかあさんは「せめておとうさんがかえっていたならわたしのかわりにきづいてちゃーしゅーにしていたのになぁ・・」といった。

けれどぼくのにおいをかぐなり、「これはこれでいいだしがとれるじゃない!」とさけんでぼくをおふろにしずめた。

ぐるぐるぐるぐる・・

かきまぜられる・・・

ぐるぐるぐるぐる・・

おかあさん・・おかあさん・・

こうしてぼくはせかいでいちばんおいしいらーめんになりました・・

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ