中編2
  • 表示切替
  • 使い方

コピペですが

ガソリンスタンドへ行った時の話。あの痛ましい事故は今でも鮮明に覚えている。

俺がガソリンを入れている最中、隣に空気が全然入ってないタイヤを履いた

トラックが止まった。どうやら空気圧の点検を怠っていた為に減っている様だった。

俺は車が汚れていたので、洗車を頼みつつ店内に入って暫く外を眺めてた。

店内からはピット作業をしている所が見れたので、俺はさっきのトラックが

ピットに入って来たので、ぼんやりと作業を見てた。

で、新しいバイトだと思われる可愛い茶髪の女の子が、先輩の指導を仰ぎながら黙々と

作業の手伝いをしていた。作業員が空気の入っていないタイヤを外し、

女の子が空気圧を入れる様に頼まれた所で痛ましい事故は起こった。

女の子が5分経ってもずっと空気を入れつづけているので、俺は「トラックのタイヤは

空気を入れるのは大変なんだろうな~。女の子なのに大変だな。」と思った瞬間、

「ズドン!!」と言う爆音と共に女の子の頭が弾けて赤い血の霧が舞い上がった。

同時に店内の窓ガラスをブチ破って何か光る物が突っ込んできた。

店長が、「救急車呼べ!!一旦店閉めろ!!誰かタオルもってこい!!、〇〇(女の子の名前)

の体を抑えてろ!!(激しく痙攣してのた打ち回ってた)」と動転し、

俺は何が起こったのか確かめようと、店内に飛び込んできた物を探し出した。

それはトラックのホイールだった。大きさは直径1メートルはあったと思う。

女の子は頭が半分吹っ飛んでいて、ピクピク痙攣しながら「うぅ~、ふぅ~」と

細い息をしていたが、俺は彼女がもう死ぬだろうと分かった。

何故なら血にまみれた脳が見えていたのだ。彼女が自分の手で脳みそを抑えていた光景は今でも

忘れられない。救急車が到着する間もなく、白目を剥いたまま彼女は死んでしまった。

次の日にその事故をニュースでやっていて、原因は女の子がタイヤに空気を20キロ

入れようとしていたことが原因だった。恐らく、2、0キロと20キロを間違えたのだろう。

普通はタイヤが膨れ上がった所で気付くだろうが、女の子だから分からなかったのだろうか。

それ以降、スタンドに行って女の子が接客をしてくれることになると、

俺は「窓は拭かなくて良いです。大変でしょうから自分でやりますよ。」と

何もさせないように、そしてあの時のような事が起こらないように気を使っている。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
34600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ