中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ねこまた

皆さん、ねこまた…いや

猫又ってご存知でしょうか?

色々説はありますが、私の知っている

猫又は長寿を迎え、死んだ猫が

尾を2つにして生き返ってくる

という話です。

今回は私の飼っている猫、

Mとしますが、その猫の

不思議な話です。

wallpaper:189

nextpage

私の家族は、皆動物が大好きです。

母は子供の頃から牛や鶏を始め

猫やネズミなどを飼っていて

結婚後、私達が産まれてからも

犬や猫、ハムスターや兎などなど

凄い数になります。

そんな動物達も野犬に襲われたり

共食いを始めたり、ゲージから

脱走したりして、現在は

知り合いに頂いた猫1匹に成りました。

nextpage

wallpaper:180

その猫がMちゃんです。

床屋さんで飼われていた為

とても人懐っこく、ウチに来て

2日間いなくなりましたが

3日間には戻ってきて家族の

一員になりました。

Mちゃんは、もうお婆ちゃん猫

ですが、毛艶が良く顔も凛とした

灰色の毛並みが似合う美猫です。

(これ以上は親バカになるので控えます)

私も動物好きなので、沢山愛情を

注ぎました。

そのおかげか、家族の中でも特に

私に懐いてくれ、猫に何かあると

家族から

「ほら、あんたの彼女が鳴いてるよ」

と、言われるほどです。

nextpage

そんなM(以降、M猫にします)が

ウチに来て3年位が経ったころでしょうか、

お婆ちゃん猫だけど長生きしてくれてる

そう家族で話していた時、M猫が

目の前でオシッコをし始めました。

今まで布団にされたことはありましたが

トイレの砂が汚れてたり、外に出していた時でした。

今回は普段通りいつも使用してる

猫砂に新しく変えて家の中に

あったのに、放尿をしたのです。

nextpage

wallpaper:111

それからです。M猫は少しずつ

おかしくなりました。

雷雨の日では無いのに

テーブルの下でガタガタ震えていたり、

普段風呂場に入らないのに

夜中に風呂場の鏡を立ち上がって

覗いていたりという事が続き

私は不安になりました。

そして遂に、食事を取らなくなりました。

この時は流石にショックを受け

必死に水でも飲むように頭を

抑えますが、拒みます。

母だけは、猫が寿命で死ぬのを2回

も見ていたので悟っていました。

泣き出す妹や私達に、

「もう寿命なんだよ、最期まで

可愛がってあげよう」

そう言いました。

頭で理解していても、感情は否定して

パソコンで病気なのではと

検索しましたが、症状の似た病気

がありましたが、治療に耐えられる

体力はありそうも有りませんでした。

nextpage

「このまま逝かせてあげよう。母の言う通り最期まで可愛がってあげよう」

私は覚悟を決めて、今まで以上に

可愛がってあげました。

shake

しかし、二日後M猫はいなくなりました。

猫は死ぬ時、縁の下など人目に付かない

ところで死ぬ。

母にそう聞いていたので、

遂にきたか

と、思って悲しみの中諦めました。

最後に見たM猫は、ガリガリに痩せ

毛並みが荒れてて見る影も有りませんでした。

nextpage

居なくなって、最初はきつかったですが

学業もあり、少しずつ悲しみが

薄れ始めて二週間が経とうとした

ある日、私がパソコンの電源を

消してボーっとしていた時、

黒い画面にM猫が写りました。

「え、M猫?」

そう思って後ろを振り返ると

確かにM猫がいました。

でも、そこにいたのは

最後に見た悲惨な姿のM猫

ではなく、生き生きしていた頃の

肉付きが良く毛並みの美しい

猫でした。

しかし、見た目も鳴き声も

確かにM猫。

nextpage

その数日間は家族みんなで

喜びました。

もう死にそうだった猫が

凛として戻ってきたのですから。

私が恐怖を覚えたのは

その数日後です。

その日、帰宅した私は

パソコンをつけYouT○beを

見てました。

夕方、夕日が居間を赤い空間に

作りあげていました。

急に見ていた動画が止まり

パソコン画面が真っ黒になりました。

そこには私を見つめるM猫が。

nextpage

wallpaper:150

私は少しビクッとして

後ろを向くと

「にゃーにゃー」

M猫が鳴いています。

テーブルの影で黒く見えたのが

印象に残っています。

「どうした、遊びたいのかー?」

私は耳掻きを取り、目の前で

左右に振りじゃらそうとしますが

無反応で鳴き続ける。

「にゃーにゃー」

nextpage

不気味に感じた私は

ふとこんな事を口にしました。

「お前、あんな事もあって帰ってきて驚いたよー。ただ死にそうだったのに、どうやって復活したんだ?」

M猫に話しかけても

「にゃーにゃー」

苦笑しつつ

「実は、猫又になったのかもな」

冗談のつもりで言いました。

でも、そう言った後

そこにいたのは

nextpage

shake

wallpaper:73

無表情で沈黙し、私を

見つめる真っ黒なM猫。

勿論、猫に表情なるものは

ありません。

しかし無表情としか言い表せない顔で

何か禍々しい雰囲気を醸し出して

見つめてくるM猫。

影の所為なのか目が真っ黒。

その真っ黒な目で私を見つめてくる。

何分経ったのか私は目を離せず

その場から動けませんでした。

nextpage

いきなりM猫は動き出し、私に向かって

きました。

「う、うわっ!」

思わず声が出ました。

しかし、M猫は私を通り過ぎて

玄関に。

同時に

「ただいまー」

弟の声が玄関から聞こえました。

「おぉー、M猫出迎えご苦労ー!」

「にゃーお」

そのやり取りが聞こえ

私はその場でへたりと腰を落として

しまいました。

nextpage

wallpaper:202

その後、M猫は普段通り私に

接してくれますが

私は偶に怖くなります。

あの日を思い出して。

あの時、M猫が人語を話したら

私は家を飛び出していたと思います。

勿論、今もM猫は尾は分かれていませんし

人語を話したりしませんw

心霊的な話でなくて

期待していた方々は

スミマセン。

しかしあの日の恐怖は

文章に表し難い程でした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
87500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ