短編2
  • 表示切替
  • 使い方

東北被害の地震

初投稿なんで読みにくかったり日本語わけわかんなかったりしたらすいません(~_~;)

これはわたしが3.11の大震災に体験した話です。

ちなみにうち霊感とかないですよ。

nextpage

3.11の地震があったその日の夜中です。

多分1時頃だと思います。

私は誰かに起こされました。

最初は

どーせ妹だろうと思って無視しときました。なんかいっつも鼻血くらいで起こしてくるやつだったので。

nextpage

でもしきりに体をゆすっておこしてきます。

shake

『おねえちゃん、おねえちゃん』

男の子です。

うちは2人姉妹だし、男の子なんていないよな?とか思っていたけど特に怖いとかは思いませんでした。

nextpage

「なに。」と言うと

おとこのこ

『まま捜して』と頼んできました。

うちは寝ぼけてて早くもっかいねたいというきもちもあって、

「ままなら隣の部屋で寝とるよ」

って言いました。

男の子は

『違う!僕のまま!』とうちにいったんです。

暗闇に目が慣れてきたこともあって男の子の顔がはっきり見えました。

頭の半分から血を流していました。

ん?とはおもったけどやっぱり怖いとは思いませんでした。

nextpage

何故か直感で東北の子だと分かりました。ここまで大怪我をするってことは東北の子の可能性が高いからだと思います。

どちらにせよ3.11の被害があったのは私は小6のころだったので自分の足で県外に出ることはできないしさすがに無理だと思ったうちは

「ごめんね。捜すことできんのやわ」

「他の人に頼んでくれる?ならうち眠いから」

といって男の子に背を向けて寝ました。

nextpage

男の子はいつ消えたのかはわかりません。

寝てしまったんで。

はなしはこれでおしまいです。

よんでくれてありがとう、

wallpaper:234

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
57400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ