短編2
  • 表示切替
  • 使い方

見えない人

私が小学生の時、家には「誰か」がいました

その「誰か」は私以外には見えないようで、暇があれば私はその人と遊んでいました

その人はたまに缶入りドロップをくれて、私はその人が大好きでした

喧嘩した日はいつもその人に相談していた記憶があります

その人は男の人だったような気がします

nextpage

その人は父が傍を通ると、いつも父を睨み付けて、何かをぶつぶつ呟き、決まって後から私に言いました

「〇〇(私の名前)はあんなお父さんでも好き?」

私はいつも頷いていました。するとその人はいつも罰が悪そうな顔をして、ドロップをくれました

幼心に私は、何故あの人が父を目の敵にするのか、真剣に考えていました

しかし、むこうはその人が見えていないようですし、私が一人で遊んでいると思っていました

nextpage

ある日、また私がその人と遊んでいると、父はむしゃくしゃしていたのか、私の目の前の壁を蹴り

「少しは一人遊びも止めろ!」

と怒鳴り、階段を降りていきました

その人を見ると、父の足が目に当たったのか、目から血が出ていました

私はその時、怒鳴られた悲しさやら、その人の怪我を見た怖さやらで、大声で泣きました

「大丈夫。大丈夫だからね、〇〇」

その人は私の頭を撫でたあと、父の名前を呟き、

「〇〇を泣かせた罰だ。俺と同じ目に遭えばいい」

と低い声で唸るように呟き、私に笑いかけて缶入りドロップをくれました

nextpage

次の日でした。私の父が病院に運ばれたのは

原因は眼球の破壊でした

その出来事以来、その人が現れることはなくなりました

けれど今も不思議なことは、教えてもらった筈のその人の名前が思い出せない事です

Concrete
閲覧数コメント怖い
4020
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ