中編2
  • 表示切替
  • 使い方

夜の学校にて

あれは、俺が小学6年生の頃だった。

習いごとのサッカーが終わり、時間は午後8時を過ぎた。

俺たちはいつも通り、俺、友人A、友人Bと一緒に3人で帰っていた。

いつもどおりのはずだった。何一つ変わらないはずだった。

あの事に気づくまでは・・・・・・。

nextpage

「あっ、いっけね。忘れ物しちまったわ、先行っててちょんまげ★」

俺はそう友人達に言い放つと、その場を格好良く走りぬけた。

「お~い待てよ~、俺達も付いて行くよ~」

と友人A,Bが同時に叫ぶ。

「しょうがねぇなぁ~」

と俺がcoolに決める。

出し抜けに友人Bの頬をフルパワーで殴る。

飛び散る鼻水、噴き出す赤と白のコントラスト、それらが俺に新たな『力』を与える。

nextpage

「消えろ、ぶっとばされんうちにな」

俺はそう告げると、友人Aと校舎《Another world》に入る。

nextpage

校舎内は薄暗く、人の気配が感じられない。

「薄気味悪いな、こんな所に長居は無用だ」

そう言って俺はズボンを脱ぎ捨て、颯爽と教室へと向かう。

nextpage

突然友人Aが足を止める。

「おい、何か聞こえなかったか?」

shake

「すまん、俺が屁をこいた」

「ちがう、もっとリズミカルな音だった」

「俺の屁はリズミカルだぜ?三三七拍子だってできる」

「……いや、そんなんじゃ、おい! アレ見ろ!」

友人Aが指さす向こうには、俺らの教室があり、その空間の中で踊る人物がいた。

リズミカルな音楽に合わせて、踊ってる奴はもちろん知っている。

見飽きた担任の顔、そう担任の教師がブラウン管テレビの前で踊っているのであった。

俺と友人Aは顔を見合わせる。

「やべぇってこれ、忘れ物どころじゃねぇ帰ろう!」

nextpage

そういって全力疾走で逃げる俺達に担任は気がつく。

「見たな?」

担任が物凄い形相で追いかけてくる。

流石に距離があったためか、逃げ切ることができた。

玄関で俺は友人Bに問いかけた。

「あいつ・・・・・・俺らの担任だよな?」

友人はゆっくりうなずく。

nextpage

学校の玄関、もう数歩で外に出られる安心感があったためか

担任が追いつく事は考えてなかった。

後ろから肩を掴まれた時、俺は全てを悟った。

「終わった・・・」

ぬぅ~っと突きでる担任から一言。

「一緒にエクササイズしないかい?」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
51200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ