短編1
  • 表示切替
  • 使い方

釣り人が見た話

とある釣り人が、港で夜釣りをしていたときのことです。

wallpaper:234

もう夜中の12時を回っており、釣り人は肌寒さを感じながら釣り糸を垂らしていました。

ふと前方を見ると、少し離れた場所の突堤に男女のカップルがいました。波が足元にかかっており、女のほうが頭ひとつ分ほど背が高いようです。

こんな時間にデートか? といぶかしく思って見ていると、その二人はおもむろにキスをしました。

さすがにそれを見るのはよくないと、釣り人は眼を背けました。

しばらくして視線を戻すと、突堤に女の姿は無く、男のほうがコンクリートの上に倒れているのが見えました。

どうしたのだろうとそこまで走っていき、大丈夫か、と声をかけようとしたとき、その異様な状況に気がつきました。

nextpage

wallpaper:116

男は口から大量の血を吐いており、それが水溜りのように広がっていたのです。

男は、舌を抜き取られていました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,3820
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ