中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ストッキング姉さん

子供の頃に流行った、実在の人物の話です。

nextpage

この『ストッキング姉さん』は、何故かずっとストッキングを頭から首まですっぽりと被って生活しているんです。

何度も見かけ、子供ながら「なんでストッキングをかぶるんだろう」と首を傾げていました。

nextpage

まぁ、ストッキングを被っているんで、彼女の顏は凄い事になって居ます。

顔の肉がストッキングで絞められ、変に目が釣り上がり、唇が押しつぶされて、頬肉も引き上がって、文字通り『顔面崩壊』を起こしてる。

nextpage

これで、車の運転も、スーパーでの買い物も『食事』も被ったままで行うんです。

地元民は絶対に彼女を視界に入れようとはしなかったし、近くに居たら全力で避けた。

nextpage

なんで食事の事まで知っているかと言うと。

母とこっそり三時のおやつをファミレスで~って事で、わくわくしながらパフェと当時まだ珍しかったドリンクバーで大人の真似して、砂糖だっくだくの紅茶を飲んでいました。

「パフェ美味しいね、お母さん」

「そーかー、オカンは帰ったら稲川さんのビデオ見るのが楽しみだわー。生き人形って言ってね、一番怖い話なんだって。宵も見ようね」

(これが母の通常運転……)

「……う、うん……(一人で見るのが怖いだけだ、絶対……)私、紅茶持ってくる」

「ジュース飲めばいいじゃないの、このおマセ」

「おマセって何?」

「知らんでいいよ、マセ宵」

「……?」

(なんか、このオマセって言う言葉が気になって、とてもよく覚えている)

nextpage

すると、禁煙席の方に例の「ストッキング姉さん」が座っていた。

お茶を作っている間中、ぼぅっと眺めていると彼女はストッキングをしながらポタージュスープをスプーンですくって口に運んでたけれど、ボタボタ落としまくっている。

意外とストッキングって吸水性は無いんですよね。薄い割に水分を弾くんです。

んで、トロッとしたスープがぼっとぼっと落ちる。

「……きたないなぁ……」

普通にそう思った。子供って率直ですよね。

でもよくよく見れば、他にもご飯やスパゲッティなどを頼んであるんです。

どうやって食べるのか、子供の私は気になった。

ドリンクバーの影からこっそり眺めていると、ストッキング姉さんがスパゲッティをフォークでクルクル巻いて口に運んだ。

ドキドキする。

どうやって食べるんだろ……。

nextpage

ストッキング姉さんはスパゲティをストッキングごと口に入れると、モゴモゴと暫く口の中で味を確かめてから、別の皿にペッと吐き出した。

ストッキングがスパゲティのケチャップで朱色に汚れている。

そしてまたコーンポタージュを食べる。

nextpage

なんか、見ちゃいけないものを見た私は、紅茶を持って母の所に戻った。

「なにしたの」

「ストッキング姉さんが居たの」

「ああ、あの変人。病気なのよ、病気。生きてりゃ人間、色んなことがあるのよ。色んなこと考えて、間違った答えに行きつく人もいるの。気にしない気にしない」

ずずっと母が私の紅茶を飲んで「淹れ方下手くそねぇ」と眉を顰めた。

私はそんな病気があるのかと、心底ビビッて、絶対大人になってもストッキングを被る病気なんかには掛からない様に気を付けようと堅く心に誓いました。

そんな病気、この世には存在しないんだれけど……(苦笑)

nextpage

今思えば。

あのストッキング姉さんは「拒食症」などの摂食障害、または「醜形恐怖症」だったのかも知れないと思っています。

食べると太る。でも食べたい。でも食べたら……と言う無限ループの打開策としてストッキングを被り、食べ物を口に入れても間違って飲み込まない様にとガードしていたんじゃないか……と。

あの口の中のモゴモゴとした動きは「噛んでる」ようには見えなかったので。

幾らストッキングでも、噛めば破れると思うし、そこは気を付けていた気がしてなりません。

そして今現在も、地元には「ストッキングおばさん」と名が変わった彼女が暮らしています。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,3658
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

猫丸三歩さん

読んで下さり有難うございました。
うん、未だにストッキングを被ってますね。
気の毒には思いますが、これも彼女の選択した一つの生きる術なのかな…と考えたりします。

一般的にはぎょっとしてしまいますが、ずっとその状態で、生き続けていらっしゃるんですね。
とてもお気の毒です。

銀さん

読んで下さりありがとうございました。
そうですね。
すっごく気になる人です。
そのストッキングを被るに至る考えに興味がありますね…。
拒食なのかの確証はありませんが、私はそうじゃないかと思っています。

子供だとそんな方がいたらすごく興味をもつのがわかります (*^_^*)拒食症って辛そうですよね…

怖女さん

読んで下さりありがとうございます。
ストッキング姉さんが摂食障害なのかは私の想像の域を出ませんが、脳裏に焼き付いて離れないあの食べ方は、きっとそうなんじゃないかと思わせるものでした。
姉さんは、とてもスレンダーでだったし洋服は綺麗にきこなしていたので、美しくなるための一つの答えだったのかも。
現在は骨と皮と言うくらいに痩せたおばさんです。

ママンは、私の友人達にも人気です(笑)
会った事もないのに、みんな好きになります(笑)
最近は、2ちゃんねるも知らないのに2ちゃん語に興味が出始め、始めて覚えたネットスラングを口にしてみたくて、口にしてみたくて、ワクテカしてるそうです(笑)

ぴ〜にゃさん

読んで下さりありがとうございます。
当時、私たち子どもや地元の大人も、彼女に関しては嘲笑と拒絶を示すのは当たり前でしたよ。
彼女もそれは覚悟していたんじゃないかなあと思います。
見かけた時の彼女を思うに、運転や買い物、日常生活は滞りなく行っていたし、独り言も言わないし、頭が狂ってる感じは一切ありませんでしたので、ストッキングを被って外出したら笑われると言う判断位は出来たと思うんですよ。
それもあって、美の為に!と思う女の執念なんじゃないかと。

でも、ストッキング姿の彼女は本当に顔面崩壊でした。
日によって顔の締まりが違うので、私たち子どもの腹筋はいつも破壊寸前でしたよ(;^_^A

はじめは姉さんの姿を想像して笑ってしまったけど、よくよく読むと悲しい話ですね

摂食障害って悲しい病気ですよね。
宵子さんのお母様好きです笑