短編2
  • 表示切替
  • 使い方

玄関から

これは、私が某所のデリヘル事務所でアルバイトしていた時の話です。

nextpage

そのデリヘル事務所は、ちょっと古めのマンションの一室にありました。

当時の私は、ドライバーとして働いていましたが、内勤スタッフ(電話受付)さんとも仲良かったので、空いた時間で雑談もしていました。

その時も、夏で暑い日でした。

nextpage

私「I君、なんか怖い話知らない?」

当時の私は今と変わらず、怖い話やホラーが大好きでした。

I君「怖い話ですか…」

私「体験でも、人から聞いたのもでもいいよ。そういう話がすきだから(笑)」

I君「そんなもん…」

そこまで言って、ちらっと私を見たI君が、ぽつりぽつりと話しだした。

nextpage

wallpaper:263

I君「自分は毎日怖い思いをしていますよ。」

I君「夜中の3時から4時くらいになると、事務所にいるのは、自分一人のことが多いです。」

I君「その時、玄関から人が入ってくる足音がするんです。」

I君「仕事から上がってきた女の子か、ドライバーかと思ってのぞくと、誰もいないんですよ。」

I君「どうも気付いてるのは自分だけ見たいで、店泊してる女の子とか気が付かないみたいです。」

I君「たまに自分の頭がおかしくなって、幻聴なのかと。いや、幻聴なら安心しますよ。」

sound:26

そこまでI君が話したところで、玄関が開く音がして、『おつかれさまー』と聞こえた。

私がいるところは、玄関が見えるところなので、顔を向けた。

music:2

wallpaper:173

…誰もいなかった。

music:4

nextpage

wallpaper:203

後々、話を聞けば、デリヘル嬢の女の子は少し病みやすい(精神的に)子が多いらしく、事務所の風呂場で自殺した子もいたらしい。

…現在も、そのお店は都内某所で、絶賛営業中です。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,5352
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

風俗してる女の子って、精神的に病んでるのは多いですね。私の友達にもいましたが、すぐやめちゃいました。身体よりも、心が、と言っていました。

風俗のお仕事って色々あるんですねぇ…