短編2
  • 表示切替
  • 使い方

いじめ

僕は友達と集団でいつもA君をからかってはいじめてましたA君が泣くのが楽しくて

みんなでトイレに閉じ込めてバケツに水を入れてかけてみたり

机のノートとか上靴とか隠したり、給食とかを奪い取ったりしてました

その日も一人で掃除させ掃除しなかったらお前の体操服燃やすぞ、と言って脅してました

多分A君は僕の事が1番怖かったと思います

毎日いじめてたし最初にいじめようと言ったのも僕だし中心は僕でした

掃除させてる隙にノートをまた隠し、次の授業が始まる前に友達がA君をトイレに閉じ込めて机を端っこに移動させたり

かなり酷い、いじめをしていました

そんなある日僕はいつもの様に学校へ行くと僕の机の上に花瓶が置いてました

誰だ!こんな事したのは!っと叫びましたがみんなは僕を無視しました

僕はA君がしたと思いちょっとトイレに来い!と言いました

トイレで待っててもA君は来ませんでした

授業も始まりそうだったので仕方なく教室に戻り置き勉をしていた教科書を出そうと机の中に手を入れると中は空っぽでした

僕は勘付きました

いじめられてるんだと

昼休みA君は笑って一緒にいじめをしていた僕の友達と笑いながらグランドに行き遊んでてイラっとした

なんで僕は無視するのにあいつと遊んでるんだ!

そしてトイレに行くと僕に聞こえるように友達が言ったのです本当はA君いじめたくなかったけど◯◯君が怖くて仕方なくしてたんだぁと

僕はムカついて、おい!と叫んだ

一瞬振り向いたけどやっぱり無視をされた

その日は完璧に無視をされて学校が終わり

家に帰ると家には誰もいなかった

親の帰りを待ってるうちに眠くなり朝まで寝てしまった、朝起きていじめの事もあって食欲はなくご飯を食べないで学校へ行くと

次は机が端っこに移動されていた給食も僕の分は無くみんなにも無視された

いじめってこんなに辛かったんだね…

僕…地獄…

落…るの

…な?

ご……なさい

…君。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,3115
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

読み手の想像力が要求されますが私は面白かったです。
ココではタブー視されているイジメネタを新しい発想で嫌み無く描いていると思います。

コメントありがとうございます!

まだまだ下手なんで
もっと上手く物語を書けるように
頑張ります!

クラスメイトとの描写はこんなもんでよかったですよ。
後は、親の描写が見たかったです

主人公が死んでしまったのは分かりました。
死んだ時の事も書いてあればもうちょっと怖くなるかな?
交通事故にあって即死とか意識不明で入院中なのに、意識だけふらふらしてる。
家に帰ったら仏壇に自分の写真があったとか、毎日仕事帰りに出かける家族について行ったら病室の自分と対面したとか。
そしたら怖くなるか、いじめってこんなに辛かったんだねって言葉で泣ける物語になる…
気がします(*^^*)

うむ発想が先立ってる感じがする。
発想って主人公が死んでることをあえて書かずに本人目線で物事書くことで主人公が死んでるのを描写はいい発想だよ。
それだけしか無いよこの作品には。
もっと、装飾するべき箇所は多いと思いました。
次回作に期待。