短編1
  • 表示切替
  • 使い方

見間違い?

私が小学6年生のときのこと。

母と二人で商店街のフリマに行った。夕方近くだったので、人もまばらでけっこう空いてた。

ぬいぐるみがたくさん置いてある店を見つけたので、私はひとりで見に行った。母は知人と喋ってたし。

その店の人は若い感じの女の人で、黒い帽子を被っていて、髪の長い人だった。

私のことを気にするでもなく、小銭を数えてた。

私はしゃがんでぬいぐるみを触っていた。

すると、その店員さんの横に、がっちりした体型の男の人がきて、店員さんに手を差し出していた。

店員さんは、白い粉の入った透明な小さい袋を、男の人の手の平に置いた。

子供ながらに、あれってもしかして…的な考えが頭に浮かび、怖くなった。

私はさりげなくその店を離れて、母のもとへ猛ダッシュ。

立ち話してた母を強引に引っ張りさっきの店の近くまで行った。

どうしたの?母に言われたが、どうもこうもない。さっきの店がすでに無くなってた。ほんの数分間で消えてしまった。

帰り道、母に、私が見た一部始終を話したが、こんなとこで麻薬の取引なんかしないよ。見間違いでしょーとあしらわれた。

その後、何日間か命が狙われているかも…と、とても不安だったが何事もなく今に至る。

見間違いだったのかなぁ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ