短編1
  • 表示切替
  • 使い方

笑う人形

割りと短いです。

昔あるところに、有名な人形師がいた。その人形師は、面白い人形を作ると評判で、その土地を治めていたお殿様の耳にも入る程だった。

興味を持ったお殿様は、早速その人形師を城に招いた。

『そのほう、中々面白い人形を作ると噂されているが、どれ、余にも一つ見せてみよ』

『ではこの人形を』

人形師は一体の人形を取り出した。

『この人形は、世にも珍しい人形で、この人形に面白いものを見せると、笑い出すという仕掛けになっております』

これを聞いたお殿様は、自分の家来達や人形師の前で、へんてこな踊りや歌を披露した。

それを見た家来達はバカ笑いをしたが、人形はピクリとも笑わなかった。

お殿様は、こいつらは自分を馬鹿にしたのだと思い腹が立った。

そして、怒りで我を忘れ、人形師とバカ笑いをした家来達全員を刀で切り捨てていった。

だが、部屋が真っ赤に染まり、冷静さを取り戻したお殿様は、自分のした過ちに気付き、自分自身も腹を切り自害してしまった。

そして、

鮮血で辺り一面真っ赤に染まった部屋には、子供のような笑い声が響いていた…

怖い話投稿:ホラーテラー 特命さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1810
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ