中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ワラビ取り殺人事件(長文)

1979年5月23日、長岡天神駅前のスーパー「イズミヤ」のパート仲間で、長岡京市に住んでいた水野さん(当時32歳)と明石さん(当時43歳)はスーパーの仕事を終え、そのまま自転車で午前10時、同市奥海印寺の通称「野山」(美竹台住宅地の裏山河陽が丘内の竹林)にワラビ採りに出掛けた。野山は近所の人が山菜やタケノコ狩りをピクニックがてら家族で楽しむような場所だった。しかし何度もワラビ採り出かけていたはずの明石さん、3時半には子供を保育所に迎えに行く予定だった水野さんはそのまま消息をたった。

家族の通報を受けた向日町署が捜索したところ、25日午前10時半ごろ、山頂近くで2人の遺体を発見した。水野さんは左胸を包丁で刺され、明石さんは首を絞められて死んでいた。現金や腕時計など2人の所持品は奪われていなかった。持ち歩いていたリュックの中には、所持金、空の弁当、ワラビの束がそのまま入っていたことと、検死の結果から二人は昼食の弁当を食べた正午過ぎから午後2時半の間と考えられた。

 明石さんのはいていたジーパンの右ポケットから

「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」

と裏に鉛筆で走り書きされた、勤め先のスーパー「イズミヤ」のしわくちゃのレシートが見つかった。警察の捜索は徹底していて現場の山道の表層土砂を全部ふるいにかけて、メモを書いたのに使用されたと思われる鉛筆の芯(先の部分)を遺体から約17メートル離れた土砂の中から発見しているが鉛筆自体は見つかっていない。

主婦2人の遺体にはそれぞれ数十カ所殴られた跡があり、犯人は空手などの武術の心得がある者との見方がある。遺留品は凶器の包丁だけ。だが、指紋は検出されなかった。

明石さん・・・(43歳)全身約30箇所の皮下出血、手拳や蹴り上げられたような跡があった。左右計9本の肋骨が折れ、肝臓が破裂していた。シャツに乱れはあったものの、きちんとジーパンをはいていた、が、体液が検出された。首を両手で絞められたことによる窒息死。

水野さん・・・(32歳)は約50箇所の皮下出血、手拳や蹴り上げられたような跡があった。0型の血液型と特定された体毛が付着していた。胸を刺傷した事による失血死。胸には肋骨を切断して、心臓から肺にまで達する包丁が突き刺さったままだった。発見当時、下半身の下着が引き裂かれて、ジーパンや靴が遺体近くに散乱しており、性的暴行を受けた可能性も示唆していたが体液は検出されなかった。

【その後】

わらび採り殺人事件には続きがあります。

実は殺された主婦の他に、もう1人、途中で帰った主婦がいるんですけど

その主婦も事件のあと、布団でぐるぐる巻きにされ火をつけられ惨殺されたそうです。

推測ですがその途中で帰った主婦は事件の何か手がかりになるモノを見ていて口封じに殺されたのでは?

あと、この事件はわらび採り事件の10年後位に起こったらしい。

もしかしたらこの事件まだ時効を迎えてないかも?

謎の多い事件ですね。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4550
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ