中編2
  • 表示切替
  • 使い方

床屋にて

床屋に行こう。

そう思ったのには理由がある。

顔を剃ってもらいたかったのだ。

自分が勤務する会社の社長の還暦祝いのパーティ。

それがなぜか関連会社のお偉いさん方が音頭をとってやたらと大袈裟な催しにしてしまった。

元々、個人経営の本当にこじんまりとした会社だったはずなのに、たまたまウチの社長が商工会の会長など引き受けたものだから「祝い事は盛大に」とかなんとか、とにかくひたすらありがた迷惑な状況になってしまったらしい。

ありがた迷惑だからと言って、社員があんまりしょぼい風情ではそれこそ申し訳ないので、とりあえず日頃しない化粧が乗るように顔のウブ毛だけでも処理してもらおうと思った次第である。

幸い自宅の近所に古くからやっている床屋がある。

子どもの頃にも顔を剃ってもらった。

私の子どもも世話になってる、いわゆる「馴染みの店」

最近は若い人はこういう床屋にはあまり行かないのだろう、案の定店は空いていた。

空いていた、というより客は無かった。

店主が (なんと言うのだろう、客を座らせる椅子)に寝転がってオリンピックを見ていた。

「あ、いらっしゃい。今日は?」

「ああ、顔剃りをお願いします」

そういうと、店主は「ああ、ちょっと待ってね」と言って奥さんを呼びに行った。

この店では顔剃りは専ら奥さんの仕事なのだ。

ほどなく奥さんが出てきて、「ここ、座って」と最前まで店主が寝転がってた椅子を示した。

正直「うえ、おっさんそこに寝てたけどな」と思ったが、まあいいや、早く終わらせて帰ってキングダムの続き読もう。そう思って言われたとおりに座った。

奥さんが顔に塗るためのシャボンを泡だてる。

顔を剃るための剃刀を用意する。

何時も通りの手順。

そう思った時だった。

かくん。

まるで膝のチカラが抜けたかの様に奥さんがへなへなと跪いた。

そのまま動きがない。

ええ、え?

奥さん?どうした?あれ、コレってちょっとダンナさん呼ぶレベルか?

時間にしてほんの十数秒、奥さんは何事もなかったかのように動き出した。

「…奥さん、だいじょぶ?なんかしんどい?」

「え?ああ、いいえ、なんともないですよ、ごめんなさいねぇ」

そういいながら私の首筋にシャボンを塗る。

そして無言で私の首筋に剃刀の刃を添える。

…あの、わたし…剃ってもらいたいのは…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,4248
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

NecoRaさん、怖い&コメントありがとうございます*\(^o^)/*

メンソレータムwww
ありましたありました、そして風呂でしみたりしましたねぇ〜(^^;;

今時そんな雑なことはしないでしょうが(クレーム付きまくりですよね)昔の床屋はそんな感じでしたねぇ。
いい意味で大雑把な時代でしたねwww

その昔、私の行き着けの床屋では
そこらじゅう傷だらけにされるのが基本で
多少、切っちゃったりしても
オトナの握りこぶし大の器に入ったメンソレータムを
ベッタベッタと塗りたくって終わりにされてましたw

風呂に入って洗うと、沁みるんですよねえ……

まにゃ〜さん、コメント&怖いありがとうございます(^^)

ウチの祖母にもたまに剃ってもらってたんですが、信用してるんですがなんせ老眼なもんで、よく皮膚を切られて「大したことねぇわ」で済まされてました(^^;;

信用できて腕の良い人、に頼まなきゃですねwww

こわっっっ!!!
剃刀は信用できる人にしてもらいたいもんですね。

あゆさん、怖い&コメントありがとうございます(^^)

そう、実は剃られてる間「今、かくんてなったら…」と想像しまくりでwww

首筋が無事終わって、次は顔面なんですが「眉毛剃り落とされたらどうする⁇」としょうもない事ばっかり考えてました。

首に剃刀当ててる時にカクンとしたら..
(.;゚;:д:;゚;.)
冷や汗でました。

龍悟さん、怖い&コメントありがとうございます(^^)

首筋に当てられた時、何十年も前の日野日出志さんの恐怖漫画の一コマがフラッシュバックして私自身は相当怖かったですが、こうして文章にしてみると怖くない…文章力の無さにビックリです(^^;;

そして奥さんですが、「膝の軟骨がすり減って、立ったり座ったりする瞬間や方向を変えたりする時に痛みがあったりチカラが抜けたりする」とのことでした。
「歳は取りたくないねぇwww」とおっしゃってましたσ(^_^;)

先を想像しながら読んでいたんですが…
首筋を切られなくてよかったです(汗)
そして奥さんの体調が心配です!