中編2
  • 表示切替
  • 使い方

兄の夢遊病

wallpaper:23

ぼくには、2歳年上の兄がいます。

小さいころから仲がよく、小学校を卒業するまで、同じ部屋で寝ていました。

nextpage

wallpaper:139

ぼくが、小学校3年生の、ある夏の日。

ぼくは、暑くて、なかなか寝付けませんでした。

兄は、いびきをかいてぐっすり寝ていました。

nextpage

なんとかして寝ないと、と思い、羊を数えていました。

すると、隣で寝ている兄のいびきが、ぴたっととまりました。

兄も、暑くて起きたのかな、と思い、寝返りをうって、兄のほうを向いた瞬間、

兄が、突然、むくっと上半身を起こしました。

nextpage

「暑いよねー笑」

と、話しかけましたが、反応はなし。

兄は、上半身を起こした状態で、目をつぶったまま、じっとしています。

「お兄ちゃん?」

あいかわらず、反応はありません。

nextpage

そのまま、数分たったころでしょうか。

兄は、上半身を倒し、またいびきをかきはじめました。

寝ぼけているのかな、と思い、また寝返りを打って反対を向き、また寝ようとがんばっていました。

20分ほどがたち、やっと、まぶたが重くなってきたかな、というころ。

また、兄のいびきが止まりました。

今度こそ起きたかな、と思い、寝返りをうち、兄のほうを向きました。

nextpage

兄は、立っていました。

目をつぶったまま、直立し、微動だにしません。

「お兄ちゃん、どうしたの?」

さすがに起きているだろうと、何度も話しかけましたが、兄から反応はありません。

nextpage

そのまま、10分ほどたったでしょうか。

兄が、突然、歩き始めたのです。

寝室を、ぐるぐると。

壁ぞいを、ゆっくりと、目をつぶったまま。

ぼくは、さすがに、怖くなり、反対に寝返りを打って、目をつぶり、必死に寝ようと努めました。

nextpage

しかし、そんな状態で、寝付けるはずがありません。

兄の無味乾燥な足音を、意識から排除しようと、学校であった楽しいことや、寝る前に見たテレビのことを、必死に思い出していました。

どれくらい時間がたったのかわかりません。

突然、兄の足音がとまり、隣の布団に兄が入る様子が感じられました。

やっと、終わった、良かった。。

nextpage

しかし、いつまでたっても、兄のいびきが聞こえてきません。

兄の様子が気になり、恐る恐る、寝返りをうちました。

nextpage

兄は、

血走った目を全開にして、

ぼくのほうを、見つめていました。

Normal
閲覧数コメント怖い
8341
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

大きな展開はないにもかかわらず、最後に『うぉっ!』っとくるものがありますね
ちょっとドキッとしました