短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ズルズル

お母さんがいつものように、寝室で寝ていました。

すると、夢を見ました。

nextpage

長い道、誰かにずっと足を引かれているのです。

ズルズル ズルズル ズルズル

逃げようにも体がまったく動かないのです。

nextpage

ズルズル ズルズル ズルズル

しばらく引きずると動きがとまりました。

「あぁ、やっと止まってくれたよ。」

と安堵した瞬間、

nextpage

「えっ、ちょっ、、」

いつからあったのでしょうか、目の前の川に落とされ、ドンドン沈んでいくのです。

nextpage

もう諦めようとしたとき、仕事から帰ってきたお父さんに起こされました。

「お前、なんでこんなところで何してるんだ?」

起きたら、進行方向に足が向いている形で風呂場の目の前にいました。

nextpage

寝室から風呂場までは結構距離があるし、寝るときにも戸をきちんと閉めたのに、、

お父さんが帰ってくるのがもう少し遅かったらと考えると、、、

Normal
閲覧数コメント怖い
1,0753
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

これは体験したくないですね・・・。