中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ベッドの下から

music:4

今回みなさまにお話させて頂く話は私が大学時代に実際、体験したことです。

nextpage

当時、私は実家を出てマンションに一人暮らしをしていました。

部屋の間取りは1LDK。

広さはベッドと小さなコタツ、テレビを置くと部屋の空きスペースはほとんど無くなるくらいでした。収納はというと備え付けのクローゼットの中に放り込んだり衣類はベッドの下にある引き出しへ。

nextpage

狭い部屋でしたが学生の一人暮らしには十分でした。また女子学生専用ということもあって建物全体の壁面側に網を張ったりマンションの玄関は電子ロック式(各部屋は鍵)で部外者が安易に入れないようにしてありました。

nextpage

あれは確か12月のこと、冬の寒い最中でした。

その夜、私はいつものようにベッドに潜りウトウトしていた時です。もうすぐしたら、寝てしまいそうなそんな時…………

足元になにか違和感を感じました。

まるで人が居るようなそんな気配です。その気配はベッドの影に隠れて寝ている私からは見えない状態です。

気配に気づいた次の瞬間、もぞもぞとその気配は、ベッドの上に這い上がって来ました。その気配の体(らしきもの)から考えるとそれは大人の男性くらいの大きさです。

その気配は、ゆっくり這い上がってきて私の体の上に乗り掛かって来ようとした時です。

nextpage

nextpage

ボコッ!!

nextpage

nextpage

蹴りました。

とても眠くて眠くて仕方がなかった私は、その得体の知れない気配に向かって足を蹴り上げていました。

私の眠りを邪魔するな、と。

nextpage

そのまま私は寝てしまいました。

nextpage

その後、この気配を感じることはなく大学を卒業するまで4年間何事もなく、この部屋で過ごしました。

nextpage

一体、あの気配は何だったのでしょう。

私が住む前にこの一部屋だけ火事が起きたのだそうです。

大家さんは、特に怪我人も死人も出なかったと言ってましたが……。

(そんな曰く付きの部屋でしたが私はリフォームされた真新しい部屋に惹かれそこに決めたのです(笑))

nextpage

それから幽霊って、蹴ることが出来るのでしょうか?

蹴り上げたとき、確かな手応えはありましたが……?

Normal
閲覧数コメント怖い
1,0476
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>早坂凄さま
コメントありがとうございます。
いろいろと考えて下ったのですね。ありがとうございます。楽しませていただきましたm(_ _)m

幽霊が蹴れるか否かそれを端的に考える前に、幽霊とは何かという定義から考える必要があると思います

もし、幽霊を人間の意識体と仮定するならば…
生きた人間の中にも意識体は存在するということになります

同質な物ならば接触は可能なのではないか?というのが私の仮説です

証明のしようが無いのであくまで私見の域を出ませんが…

>タとサとアとリ(nesfsp)さま
コメントありがとうございます。
もしそうだったら、ゾッとしますね。幽霊より生身の人間の方が恐ろしいです

幽霊を蹴れるかはわからないが、生身の人間なら蹴れる。
その気配が実は人だと考えるとゾッとします。

>souさま
コメントありがとうございます^ ^

怖い!