追憶・第2夜〖廃女子寮〗

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

追憶・第2夜〖廃女子寮〗

wallpaper:10

この世には二種類の人間がいる。それは、見える人と見えない人だ。俺はいわゆる見えない人。しかし、そんな俺でも見てしまうことがある。今回もそんな数少ない俺の体験談を語るとしよう…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

俺が小学校五年生の時だ。その頃の俺は、よく友達と近くの廃墟などに肝試しに行っていた。その日悪友の一人である荘兵(仮名)の提案で、彼の祖母の家の近くにある廃墟へと赴くこととなった。

荘「なあなあ、蜜蜂!」

俺「どうした荘兵?」

荘「俺の婆ちゃん家の近くに潰れた女子寮があるんだけど行かねえ?」

俺「?そんなんあったか?」

荘「蜜蜂は、婆ちゃん家に来たことねかったもんなぁ、知らねえのは当然だよ。」

俺「そうか、じゃあ行くか?」

荘「よし、そうと決まれば今日の放課後に俺ん家集合な!」

俺「俺と荘兵の二人だけ?」

荘「いや、あと猛と忠もくるよ。」

俺「そうか、じゃあまた後で。」

荘「じゃあまた!」

そんな感じで荘兵と別れた。

因みに、猛と忠も悪友仲間のメンバーだ。俺はこの三人とよく遊んでいた。

放課後…

約束通り荘兵の家に集合した俺ら三人は、荘兵の案内で問題の廃墟へと向かった。

荘兵の家から自転車ですぐの所にソレは佇んでいた。所々窓が割れ、一階の窓は全て板で塞がれていた。

俺「おぉ…、雰囲気あるなぁ…。」

荘「だろぉ?俺もここを見つけた時、身震いしたもんなぁ。」

猛「一階、扉も塞がれてるよ。こりゃ二階から入るしかねぇな。」

忠「どーやって入んの?階段なくね?」

荘「階段なら見つけといたぜ。こっちだ!」

荘兵の後をついて行くと外階段を発見した。

猛「これ、二階の扉も塞がってるなんて言わねぇよな?」

荘「大丈夫、バッチリ開いてるよ!」

荘兵は、そう言うと勢いよく外階段を駆け上がっていった。俺らも後を追うようにして外階段を昇っていった。

二階扉の前に立った俺らは、全員息を呑んだ。皆、これから見る廃墟の中の事で興奮状態だった。しかし、扉を開ける寸前で俺は嫌な気配を感じた。

俺「わりぃ、俺やっぱ止めとくわ。」

荘「はぁ?なんで?」

猛「もしかして、びびったのか?」

俺「いや、でも止めとく。」

忠「仕方ないな。じゃあ、下で待ってて。」

俺「わかった~。」

そして、俺は自転車の位置まで引き返し皆を待つことにした。

皆が入ってから、おぉ~とかうわぁとか盛り上がっている声が聞こえた。

(楽しそうだなぁ~。)

なんて思いながら何気なく二階の窓を見ると、

(…?)

二階の割れた窓から手が一本、此方に手を振っていた。

(あ~…あいつ等の誰かだな。あんな所でよくふざけられるなぁ…。)

俺は、奴らの誰かが、ふざけて手を振っているのだと思い、ソレを見ながら少し呆れていた。

暫くして皆が帰ってきたので、中の様子を聞くことにした。

俺「お~中はど~だった?」

荘「ん~、そこまで荒れてなかったなぁ、まぁ荒れてんのは外側だけみたいな感じかな。」

忠「でも中はめっちゃ暗かったな。よく見えねかった。」

俺「そりゃ、どんまいだな。」

猛「埃もすごかったぜ。」

俺「そりゃそ~だろ~。」

なんて話をしている時、俺はふと、先ほどのことが気になり奴らに聞いてみることにした。

俺「そ~いえばよ~。誰か手ぇ振ってねかった?」

皆「?」

荘「手ぇって、どっから?」

俺「あそこの二階の割れた窓から。」

忠「いや、誰も振ってねぇけど…。」

俺「いやいや、お前等以外だれなんだよ。手ぇ振ってたの。」

荘「あのな、蜜蜂。俺等は確かに中に入ったよ。でもさ、手ぇ振んのなんてむりなんだよ。」

俺「ど~言う事?」

荘「だって、部屋の扉は鍵は全部、

 

 

 

 

 鍵 が 閉 ま っ て た ん だ よ ? 

 

 

 

 

だから、部屋の中に入れる訳ねぇじゃん。」

Normal
閲覧数コメント怖い
40600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ