追憶・第3夜〖通夜の夢・後編〗

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

追憶・第3夜〖通夜の夢・後編〗

wallpaper:23

この話のあらすじは、『追憶・第3夜〖通夜の夢・前編〗』をどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

祖母と弟の話を聞いていたら、母から

母「蜜蜂はどうだった?夢に爺ちゃん出てきた?」

しかし、俺は答えることができなかった。夢を忘れていたのだ。

夢を忘れるということは、夢の内容も忘れるということだ。それは、祖父とのあの約束も忘れているということだった。

俺は、

俺「いや、出てきてない…。」

母「それは残念だったわねぇ。」

俺は悲しかった。なぜ、祖父は出てきてくれなかったのかと。しかし、それは俺があの日の夢を忘れていたせいだというのは、俺が、社会人になってからだった。

 

葬儀の日、火葬場へ連れて行かれる祖父。弟は泣きじゃくっていたが、自分は不思議と涙が出てこなかった。その時に弟から薄情者呼ばわりされるのだが…。

葬儀も終わり、親族はそれぞれ帰路へとついていった。

俺も家に帰ることとなった。帰る際に玄関を出る時、誰かに後押しされた気がしたため後ろを振り返った。しかし、後ろにいたのは祖母と叔父夫婦だけだった。

 

 

 

月日が経ち、あの日の夢を思い出すキッカケが訪れた。それは、俺が高校三年生の時に当時、受験生だった俺は、面接や勉強に追われ心が折れそうになっていた。

そんなとき、母が実家に顔をだしにいくということで、俺も同伴することとなった。

祖父が死んでからも時々、泊まりには来ていた。しかしその日は、何か雰囲気が違っていた、最初はその何かはわからなかったが…。

祖父の遺影に挨拶を済ませ、俺は玄関でぼ~っとしていた。何気なく空をみた瞬間、俺の記憶の奥底にあったあの日の記憶が呼び起こされた。

通夜の日、玄関先で死んだはずの祖父と何を話し、何を約束したのかを…。気づくと俺は一筋の涙を流していた。

(爺ちゃん…ごめんな…。)

俺は、帰ると即刻、受験勉強に励んだ。

そして数ヶ月後…俺は無事、受験を合格し社会人の仲間入りを果たした。

その日、合格したことを報告するために、母の実家へと赴くことになった。

俺は、まず先に祖父へ報告する事にした。

俺「爺ちゃん…あの日の約束思い出したよ。

ずっと忘れてて…ごめんなぁ。でも、もう大丈夫…大丈夫だから…

 

 

 

 

 

これからも、見守り続けてくれよ。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
34400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ