短編2
  • 表示切替
  • 使い方

我が闘争

社会の時間、特に歴史、世界史なんてのはほとんど暗記物。

授業は歴史的背景とかなんやら言っているがそんなの興味ない。

とにかく暗記が全てだった。

先生も立場上、授業はするのだが誰も聞いてくれないほど悲しいものはない。

話を脱線したりしてなんとか授業を保っていた。

nextpage

ちょうど第二次世界大戦の時だったかな?

ドイツのヒトラーの話が出たときだった。

ヒトラー著書の「我が闘争」はご存知だろうか?

私自身、読んだことないが簡単に言い表すとヒトラーの自伝書である、らしい。

こういう本が出たと先生が言いかけた時だった。

nextpage

shake

「はい!!!先生!!その本は素晴らしいですよね!!!」

いきなり起立しだし、賞賛の声を上げる。

しんと静まり返る空気。

先生もきょとんとしている。

その発言をしたのは普段とてもおとなしい男子生徒だった。

「あ、ああそうだな。であるからし」

「僕は○○○という部分に非常に大きく感動し・・・」

なんとか流そうとする先生の言葉を遮り何とその本について語りだしたのだ。

僕は○○○だと思うとか、○○○はやっぱり間違っていなかったとか・・・

そんなことを残りの授業を延々と聞かされ続けた。

そいつの目はキラキラと輝いていて止めるに止めれなかったらしい。

チャイムが鳴り、ようやく開放される・・・

起立、礼、

shake

「ハイルーッ!ヒットラー!」

そいつは礼のところで元気よく敬礼した。

nextpage

そんな彼ももう大人になり社会に出ている・・・

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
52040
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

NAOKIさんコメントありがとうございます!
中二病、いっぱいいますよ。私もそうですから。
個人的にヒトラーは「演説超うめえ!」くらいしか思ってませんが。
あれから彼のあだ名が「ヒトラー」になったのは言うまでもない・・・

意外と思うかは分かりませんが、私は24歳の今でもよく「中二病だね」と言われます。
まぁ私の場合はこのお話のような歴史的なものではなく、アニメ寄りな中二病ですが.....。
その後、その子がいつヒトラー冷めしたのか気になりますw

hisaさん、コメントありがとうございます!
自分の友人に未だ中二病のやつがいますが…

成長期に強烈な悪を崇拝するのは厨ニ病の代表的な疾患ですな。