中編3
  • 表示切替
  • 使い方

永久に愛す

私には結婚を心に決めた相手がいた。

名前は詩織。美人で気立ても良い、最高の女性だ。

出会いは偶然。運命としか言えないようなものだった。

私の働いていた植物の研究所に、彼女は天使の如く舞い降りた。

程無くして私達は付き合い始め、周囲の人間からやっかまれる程によいカップルとなった。

だが、その矢先の事であった。

彼女に余命宣告がなされたのは。

「嘘だろう…、余命3ヶ月?」

彼女は弱々しく頷いた。

「うん…。びっくりしちゃうよね、そんな急に言われても。」

私の目の前は真っ暗になった。

「でも、ついこの間、結婚の約束を…。それなのに、それなのに…!」

混乱し、頭を掻き毟る私を、彼女は宥めた。

「落ち着いてよ。ほら、そんな事したら折角のオールバックくずれちゃうよ。それに…。」

彼女は一旦俯き、もう一度こちらに向き直って笑った。

「あなたが…、陸がそんな顔してたら、私、頑張れなくなっちゃうもん。」

そう言ってこちらを見つめる彼女の目には、涙が溜まっていた。

「…詩織」

私は、その温かい体を抱き締めた。

そうだ。今は私が彼女にできる事を、精一杯やってやるべきだ。

私の持っている、スキルを使って。

次の日から、私はある研究に没頭した。

「君、何の研究をしているのかね?」

所長がたまに聞いてくる。

「はい、長命な花の研究をしています。」

「なるほど、それで長寿の薬を作ろうとでも考えているんだな。」

「…。まあ、そんなところです。」

「はは、実現はまず無理だろうが、せいぜい頑張れよ。」

所長は笑いながら去っていった。

馬鹿な男だ。

あんな男には、私の高等な考えなど一生かかっても理解出来ないだろうな。

私は再び作業を始めた。

あれから2ヶ月。

ついに私の努力の結晶とも言える、健康な人間と同じ寿命の花が誕生した。

私は彼女を呼び出し、研究の報告をすることにした。

「なあに、話って。」

彼女に花の事を全て話した。

「凄いじゃない!早く学会で発表しないと。」

「いや。そんな事はどうでもいい。」

私は彼女の手を握り締めた。

「あの花の本当の完成には、君の協力が要るんだ。」

「なに、私にできる事なら何でもするわ。」

私は彼女に微笑んだ。

「君に、あの花と一体になってほしい。」

「えっ…?」

彼女は微かに戸惑いの表情を見せた。

困惑した目元が、美しい。

「あの花に足りない決定的なものは、美しさ、いとおしさだ。それを君は兼ね備えている。」

「どういうこと…。」

私が握った手を、彼女は少しよじった。

私は手の内にある美しく愛しいものを逃がさないよう、さらに強く握った。

「ちょっと陸、痛い…!」

「お願いだ、私の研究の一部になってくれ。」

「…いやっ!」

私の大切な「花」は、私の手を振り切って逃げてしまった。

「…駄目だ、駄目だ!」

こんな事では「シオリ」が完成しない!

「ずっと、永久に、一緒にいたくないのか、この私と!!」

私は、彼女に使うつもりだったメスを二本、両手にかまえて彼女を追った。

案外簡単に、彼女は捕まった。

手のなかで必死にもがく様子が、なんとも愛らしい。

「さあ、私と一緒に来い。君を長く、美しく生きさせてあげる。そして、永久に愛でてあげる。」

「いやっ!私は愛でられるだけの花として長生きするなら、人を愛し愛されて残りの命を過ごした方がいい!」

手のなかの花は、美しい音を奏でている。

私は花を研究室に運び、その細い首筋に注射した。

「っー!」

はなはしずかになった。すこしざんねんだ。

わたしはおおきなうえきばちに、はなをうえた。

「…フフフ」

むねのそこからわらいがこみあげてきた。

「ハハハハハ、完成だ!遂に完成したんだ!!」

わたしはうえきばちをだいた。

「これで、ずっと一緒だぁ…!」

めもとからみずがでた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4762
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

NEKOTENI様、コメントありがとうございます。
陸の感情の奥底まで汲んでいただけたようで幸いです。

陸が愛していたのは花であり、自分と一緒にいられること。
ここまで自分勝手になれる人を少しだけ羨ましく思うこともあります。