姦姦蛇螺 ~あの日の真実~

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

姦姦蛇螺 ~あの日の真実~

姦姦蛇螺。

世にも恐ろしい話ですよね。

しかし、間違った情報さえ簡単に流れてしまう現代のネット社会。

この姦姦蛇螺の話も例外ではありません。

真相が歪められたまま伝わるのを防ぐため、今日はこの大日本異端怪談師がお話をさせていただきます。

それはそれは、恐怖のカーテンに覆い隠された悲しい物語。

・・・。

凛は普通の家庭に生まれた女の子。

六人家族の末っ子として生まれ、とても可愛らしかった。

ただ、他の子供と少し違うところが。

三歳になった頃から、凛の身の回りで不思議な出来事が起こりだした。

動物が家の周りに集まりだしたり、家の中のものが勝手に動いたり。

そんなことが度々起こった。

家族は凛をとても可愛がり、ある日巫女の修行に連れていった。

ここで何らかの才能が開花するかもしれないと。

予想は見事的中し、凛は巫女として様々な「術」を覚えた。

6歳になり、「学び舎」という今でいう学校に通い始めた。

巫女ということで一役有名になり、村で知らない者はいなくなった。

そんないい気分をしたのも束の間。

まだ、「術」のコントーロールがうまくできない凛は、友人に迷惑をかけることが多々あった。

「術」で怪我をさせてしまったり、喧嘩の時も「術」を使って卑怯だと言われたり、挙句の果てには呪われると言われ、本当に辛かった。

でも、家族は味方だった。

結局学び舎に行くのをやめ、巫女として将来仕事をすることを許してくれた。

自分が生きることで周りの人間が傷つく。

それなら、私は表に出なくてもいいと。

なんて優しい子なのでしょう。

以来、凛は神社では神主さんのお手伝いをしながら、家では家族に勉強を教えてもらいながら生活することにした。

友達もできないのかなと寂しく思っていたある日、神社に同い年ぐらいの男の子がやってきた。

仲良くなり、ほぼ毎日神社に遊びに来た。

村人は凛とその家族を疎ましく思っており、神社の外で遊ぶことができない。

境内でしか遊べない少女、外には怖い人がたくさんいるから。

・・・。

夜眠りにつく時、急に苦しくなる。

人ってなんて怖いんだろう。

そんな気持ちに耐えられなくて、一人になるのが嫌になる。

でも一緒に居てくれる人はいない。

また苦しくなる。

・・・。

よく遊びに来てくれていた男の子。

もう友達ではなかった。

恋人同士になり、将来を見据えていた。

凛も神社を一人で管理できるほどに成長し、村の人々のために尽力した。

村人も彼女を見直し始め、神社にたくさんのお客さんが来るようになった。

そんな時、少し離れた村で大きな人食い蛇は暴れているという話が入った。

この時から、凛は何となく覚悟していた。

平和な日々が続けばいいのに・・・。

・・・。

蛇の話は次第に大きくなっていった。

村を荒らし、大地を赤く染め、次の獲物を探す。

惨劇に怒りがこみ上げる。

この村で止めようと村人が立ち上がった。

凛の「術」の訓練はより一層厳しくなった。

これに勝たなければ未来は無い。

・・・。

小さめの地震。

大蛇が近づいてきている。

女・子供を安全な場所に避難させ、男共が武器を構えた。

いつ来てもいい。

凛も戦闘準備した。

次第に大きくなり、木々の折れる音も加わった。

来る・・・!

ギャオオオーーー!

戦意喪失した。

勝てるわけがない。

あまりにも大きすぎる!

締め付けられる者、噛み殺される者、尻尾の下敷きになる者、人数がどんどん減っていく。

「クソーーーっ!!」

一人が飛びかかった。

「ウォーーー!!」

口火を切ったように村人が攻撃を開始した。

凛も「術」で援護攻撃する。

無慈悲に噛み砕いていく。

硬い鱗に手が出ない。

男の数が減り、女・子供を襲いだした。

木で出来た家などすぐに壊される。

愛する者が殺されるのを見せつけられた。

もう、耐えられない。

凛は足下を見た。

父と彼氏が転がっていた。

許さない。

蛇と一対一で戦うことにした。

今までに培った「術」の全てを使って戦った。

蛇が怯むこともあったが、やはり強い。

もう一発、うっ・・・。

誰かに殴られた。

村人が一気に凛に襲いかかる。

凛「・・・なんで?」

殴る蹴る。

意識朦朧となった。

村人「おい蛇よ、今からこの変な娘をお前にやる。だからこの村はこれで勘弁してくれるか。」

そう話している間に別の村人が凛の身体を鉈で切り始めた。

凛「hkだじすおljc;kbさ!!」

とてつもない痛み。

捥いだ腕を蛇の方に投げた。

村人「若い娘だからな。うまいだろ。」

腕、足、どんどん投げ入れていき、下半身がなくなった。

最期に見たのは汚い村人共のツラ。

やっぱり人間ってこうなんだね・・・。

村人「せーのっ!」

凛の全てが蛇に呑まれた。

結局蛇はこの村を最後まで荒らして去っていった。

・・・。

姦姦蛇螺。

今宵も村人の四肢を喰らう。

多数の腕と血だらけの下半身。

恨みを喰うことで晴らす。

でも、元は女の子。

汚い下半身は見せたくない。

そんな時は上半身だけ見せるの・・・。

友達がいなくて寂しかった子供時代。

寂しい気持ちは喰うことでは癒されない。

柵の中で待ってるわ・・・。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6330
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ