短編2
  • 表示切替
  • 使い方

種族のイドラ

「なぁ、これ何に見える?」

男は、1枚の絵を俺を含めた周りにいた数人の人に見せている。

nextpage

「…俺はウサギかな」

「へ?俺は猫に見えるぜ?」

「私は誰かの人の顔に見えるかな…」

「あ、私も私も!」

「何この絵!面白い(笑)」

nextpage

どうやら、人によって見えるものが違っているらしい。俗に言う、トリックアート?みたいなものなのだろうか。

nextpage

「な、面白いだろ!ちなみに俺も人の顔に見えたんだが、実はこの絵には、ある秘密があるんだ。」

男はそう、如何にも怪しげな話をする様に声を低くして言った。

nextpage

「秘密?」

その雰囲気に飲まれたのか、周りの輩も一緒になって声を低くして話に乗り出した。

nextpage

「あぁ、そうさ。皆がこうまで見えたものが違うってのは、気味が悪いと思わなかったか?…実はこの絵はな、その人の深層心理にある、ちょっとした一部分を写し出したものが見えるらしいんだよ。だから、皆が皆して見えたものが違うって訳。」

nextpage

…その話を聞いた俺は、正直信じられない気持ちでいた。

nextpage

だって…俺が見た絵は…

nextpage

俺が絵の中で立ってる

どこかの小屋の中みたいだ

絵の俺の足元には人の死骸が2つ

「お父さん」と「お母さん」

2年前に他界した俺の両親

叔父の話では、誰かに殺されたらしい

犯人は未だに見つかっていない

俺はその犯人を許せなかった

殺したいほど、許せなかった

nextpage

…犯人は見つかった。

おそらく俺だ。

なんで、今まで忘れていたのだろう。

なんで、俺が両親を殺したのだろう。

今となっては分からない、いや、思い出せない。

nextpage

そんな俺を、殺したい。

nextpage

話が終わって皆が教室を離れた後、俺は階段を一歩ずつ上へ上へと、ゆっくり、だが確実に上っていった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4891
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ベアトさんと時雨さん。

怖いありがとうございます