短編1
  • 表示切替
  • 使い方

日本一恐い話

昨年の9月くらいに仲のいいA.B.Cでホテルに泊また。

そのホテルは100階建てでホテルのエレベーターは夜の12時を過ぎると起動しないのだ。

A.B.Cは贅沢をしようと最上階に泊まった。

A.B.Cはエレベーターの事をすっかり忘れて12時に過ぎまで外で飲んでいた。

ロビーでそのことに気づき、仕方なく三人は階段で登ることにした。

凄く不気味だったので恐い話が好きなAが交互に怖い話をしようと提案してきた。

やることがなかったので暇つぶしにもなると思い、話していた。

やっと80階位を過ぎた時にCが言った。

「すごく怖い話してあげる。」

A.Bは興味津々にCの方に視線を向けた。

「ロビーに部屋の鍵忘れてきた。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,9075
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

まぁ、有名な話ですね。

なんだか読んだ事がある内容だなぁ~って思って、キーワード検索をしたら・・・出てきましたね。

『階段』て作品お読みになられました?

まあ、お友達から聞いたお話とのことらしいので、そのお友達が『階段』という作品を読んで、あなたに聞かせたのかもしれませんけど・・・

完コピとまではいかないかもしれませんが、ほぼパクリと言ってもいい感じの内容ですよ。

新参者で文章力の欠片も無い奴に偉そうなことを言われたくないと思ってらっしゃるかもしれませんけど・・・

気に入らないのであれば、私のコメントを削除するなりブロックするなりして頂いて結構です。

長文失礼致しました。

ホントですよね笑

表示
ネタバレ注意