短編1
  • 表示切替
  • 使い方

奇怪なバスの客

ホラー番組のコピーです。

ある日Aは会社を出るのが遅くなってしまった。 バス停まで走ると丁度最終のバスが来た。 中には2,3人乗っていた。Aは二人がけの席の窓側に座った。

nextpage

次は〜 ◯◯〜 次の駅に着くと自分以外の客は降り、新たに後ろのドアから女性が乗ってきた。

女性はAの席を通り過ぎると ふと 止まって

後ろを振り返ると Aの席に歩み寄り わざわざ隣に座ってきたのだ。

nextpage

その女性は無表情な上、服は血のようなもので汚れていて不気味な雰囲気が漂っていた..... 重い空気が漂う......

nextpage

次の駅に着くと、若い男性が後ろのドアから乗ってきた。男性は 運転席のミラーを見、そのあと振り返って......

nextpage

shake「うわぁぁぁぁぁぁぁ」

と 叫ぶと同時に一目散にバスから降りた。

nextpage

それを見た運転手も

「あ、あ、あ、あぁぁぁぁ」

と、バスから転げ落ちるように逃げていった。

nextpage

これはやばい と感じたAは席を立とうとすると 隣の女は

shakeがしっっっっ とAの手を掴み席に座らせた。

nextpage

この女、、、どこかで見たことあるような.... あ!

気付いた時は遅かった... 連続殺人犯だったのだ.....

女は不気味なえみを浮かべ、こう言った。

「待ってたわ、あなたが今夜のターゲットよ」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
69600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ