短編2
  • 表示切替
  • 使い方

子供ならではの感覚

wallpaper:1101

小学生の頃、私は寝る時に妙な感覚を覚える事が多かった。

霊感はないので霊的な事は無いと思うが……。

真っ暗な部屋の中。

私は布団の中。

天井には、豆球がついた傘付き蛍光灯。

寝れない時に、蛍光灯の真ん中をジーッと見る。

すると、蛍光灯の傘というか蛍光灯全体が一回り小さくなる。

文字では伝えられない感覚なのだが、とにかく蛍光灯が一回り小さく見えるわけです。

視線を外し再び蛍光灯を見る。

すると、すぐさま一回り小さく見える。

その後、体に異変が起きる。

感覚がおかしくなるというか……。

物凄い狭い室内……。

自分の体が大きくなっているのか。

とにかく、立ち上がれない程の狭い室内で苦しそうにしていたり。

それとは逆に、自分の体がアリのように小さくなったり。

横になっているのに、体が浮いてるような感覚になったり。

体全体に違和感があったり。

とにかく、変な感覚が頻繁に起きていた。

この感覚、蛍光灯が一回り小さく見える感覚は、大人になっても変わらず起きてます。

極めつけは、好きな歌を頭の中で考える。

そうすると、その歌が耳元で聞こえてきた事ですね。

今考えると、怖い出来事なのでしょう。

でも小学生の自分は怖いという考えはありませんでした。

好きな歌を頭の中で考えるだけで、耳元で聞こえてくる。

なんてなんて便利なんだ!という考えしかありませんでした。

子供の頃って、大人では理解出来ない事などを経験したりしますよね。

それが霊的なのか……。

想像なのか……。

妄想なのか……。

今となっては疑問ですけどね。

その当時、イジメにもあっていたので、精神的に弱っていたのかも知れません。

そんな時って、不思議な体験をするものなのでしょうね……。

nextpage

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
39460
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

仲間さん。コメントありがとうございます。

大人になっても、疲れが酷かったり、精神的に辛い時は錯覚に近い事が起きますけどね。

歌が耳元で聴こえてくるのは、30歳を過ぎた位から無くなりました。

その感覚は覚えがあります。
私も小さい頃にそういった感覚に襲われる事が、ちらほらありました。
個人的に、霊的などではなく、精神的なものか、錯覚等だと思ったりします。

歌に関してはありませんが・・・

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

沙羅さん。こちらもコメントありがとうございます!

感受性の鋭さですね。
父が居なかったんで貧乏だったのが、イジメの原因だったんですが。
良く学校も休んでたんでね。
今でも心は弱いです(笑)

表示
ネタバレ注意