広島ホテルで中尾彬が遭遇した呪い

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

広島ホテルで中尾彬が遭遇した呪い

俳優の中尾彬さんが、奥さんの志乃さんと一緒にホテルに宿泊をした時の出来事。

501号室だったとか。

水の音がしたというのです。

ザーザーと。

なんの音かなと廊下を見ても何もない。

中尾さんは不思議だなと見たとか。

その後、本を読んで奥さんが熟睡。

中尾さんも寝たとか。

起きたら、隣で奥さんが泣いている。

どうしたのかと聞くと、水くれと言っているというのです。

そうすると、黒焦げになった10人程度が歩伏前進で寄ってくる。

水くれというのです。

「私は何もできませんから。私は何もできませんから。」と言ったら消えた。

101、201と1番のついている部屋の劇団員もロビーで寝ているとか。

場所が広島。

そして、水をくれという黒焦げの人たち。

つまり、、、、想像するに、、、、言うまでもなく。

そのような呪いというか、怨念なのでしょうね。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5214
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

そこのホテルはきちんとお祓い済ませてないんですかね((((;゚Д゚)))))))

因みに・・・ウル覚えではなく、うろ覚えかと思われます。指摘してすみませんm(_ _)m