ゴミ屋敷に棲むモノ 3/3〈完結〉

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ゴミ屋敷に棲むモノ 3/3〈完結〉

music:4

事件は婆さんひとりのバラバラ殺人から、

複数の被害者が想定される連続バラバラ殺人・死体遺棄事件に変わった。

nextpage

だがな、俺たちが頭切り替えて事件に臨もうとしていた矢先、事態は唐突に行き詰っちまった。

nextpage

新たな腕、足が発見された日の深夜、ゴミ屋敷は火事になって全焼しちまったんだ。

火元は、佐々木老人の家だった。そっちも全焼、きれいさっぱり焼けちまった。

nextpage

佐々木老人の家、俺たちが聞き込みの時に通された応接間の隣の部屋、仏壇のあった部屋から、佐々木老人と思われる遺体と、死後40年ほど経過した成人男性の骨が見つかったよ。

そうだ、大庭の婆さんの失踪した旦那の骨だったんだ。

nextpage

後で町内の古くからの住人に話を聞くことがあったんだが、

妻を亡くした佐々木は、どうやら大庭夫人――若い頃のあの婆さん、にご執心だったことがあるらしい。

大庭の旦那の失踪は浮気の上のことではなく、佐々木の犯行だったんだろう。

しつこく迫っても自分になびかない夫人を、無理やり自分のモノにするために。

――これは証言と状況からの推測だがな。

nextpage

連続バラバラはどうなったかって?

それはまあ、うやむやになったよ。

なぜって?言ったろ?世の中にはたまに、気味の悪いことが起こるって。

nextpage

最初に見つかった「右足」。

風呂場で見つかった「左腕」。

山崎が見つけた「頭部」

nextpage

後から新たに見つかったのが

「左腕」2本。

「右足」1本。

「左足」2本。

nextpage

今ほどじゃないが、指紋や血液なんかの鑑定は当時もやったさ。

結果は

nextpage

music:3

すべて「同一人物のモノ」だった。

そういえば、「胸部」や「腹部」はついに見つからなかったな。

nextpage

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nextpage

music:1

wallpaper:139

祖父はそういって長い話を終えた。

お銚子はすっかり空になっていた。

私は祖父の話を聞いてすっかり混乱していた。

その様子を見て、祖父は苦笑した。

「気味の悪い話さ」

そう繰り返した。

nextpage

「結局、どう決着したのかは下っ端の俺にはわからねえ。

ただ2本も3本も出た足やら腕やらが、すべて同一人物のものでした、なんて怪しげな報告できないってんで、上もうやむやにしちまったんだろう。

だがな、あの日、あの時、俺たちの目の前で確かに起こった事件なんだ」

nextpage

「俺は今でも時々思うよ。最愛の亭主が突然失踪して、ゆっくり心が壊れていったあの婆さんが――」

nextpage

ゴミ屋敷の玄関にあった大量の靴――

婆さんがいつも着ていたトレンチコートの下――

佐々木老人の家で聞いた、ゴミ屋敷のあの這いずるような家鳴り――

nextpage

「一体、なにに『成っちまっていた』のかってな」

nextpage

なにか言わなくては、そう思っている私の背後、

網戸を見つめて祖父が顔をしかめた。

「その時から、俺はどうもソイツが苦手だ」

nextpage

振り返るとそこには、

大きな百足(ムカデ)が一匹、こちらに腹を見せながらずるずると這っていた。

Normal
閲覧数コメント怖い
8088
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

面白かったです^ ^
一つの物語としてよくできてます。もっと評価されてもいいと思うのですが^^;
新しい噺に期待しております♪

>鏡水花様
コメントありがとうございます。
次回もがんばります!

表示
ネタバレ注意

>ピノ様
コメントありがとうございます。
また別の話でも怖いと言っていただけるよう、がんばります。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意