短編2
  • 表示切替
  • 使い方

作り話 ねぇねぇ

wallpaper:153

Yちゃんは、性格は、地味で普通。だが、かなり変わった物や生き物が好きでした。

Yちゃんは、外へ出て、散歩して帰るつもりでした。すると、Yちゃんが見たも物は、体が黒くて赤い目があり、

小さい体でした。

変な声で「ア゛ー゛エ゛ッ゛ア゛ー゛エ゛ッ゛(ねぇねぇ)」と言ってました。

いくら変わった物が好きなYちゃんでも

流石に逃げましたが・・・猛スピードで見えない位の速さで追いつかれました。

その後Yちゃんは、こう思いました。(私が飼えだと)

wallpaper:1066

その後何物かに異次元に連れて行かれそうになりました。

ア゛ー゛エ゛ッ゛とか言う変な生き物が、何物かと戦いました。

それで、Yちゃんは、何とか助かりました。Yちゃんは、仕方なく飼うことになりました。

wallpaper:1906

もちろんどんなエサを与えたら良いか良く分かりません。普通のご飯をあげると、普通に食べました。

数日後変な生き物と思っていたYちゃんは、可愛くて強いなと思う様になりました。

その時予期せぬことが起きた。

wallpaper:1792

また異次元だ。だが、次々連れさられる被害者が増えた。ア゛ー゛エ゛ッ゛が待っててと思わせる様に行きました。

その間にまた違った変な獣が出てきてYちゃんが巻きつかれました。

wallpaper:1906

間に合うと思い、そう信じました。ギリギリ間に合いました。

その後、ア゛ー゛エ゛ッ゛がやっつけました。そしてその様なことが起きなくなりました。

それでア゛ー゛エ゛ッ゛が何所かに行くかと思いました。が、何故かずっと一緒に暮らす様になっていました。

おしまい。

wallpaper:1911

おまけ怖くない話何故何だ。

さっき書いた怖い話のつもりが、全然怖く無くなってしまう。と言う悩みです。

次こそは、いつかは、もっと怖くてちょっと笑える話が書けない。

終われ。

Normal
閲覧数コメント怖い
33000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ