【夏風ノイズ】呪術師ゼロ『後編』

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

【夏風ノイズ】呪術師ゼロ『後編』

そこには何も無かった。

まるで隕石が落ちた跡のように…その場所だけにポッカリと大きな穴があった。

俺たちは、その穴の前に立っていた。

昨日、俺は仕事の手伝いを頼まれた。

ついさっきのことだ。呪術師になるために履歴書を持って、ゼロの家へ行き、その後、直ぐにこの仕事へ移った。

「なぁ、ゼロ。ここは…何なんだ?」

俺はゼロに問い掛ける。

俺の左隣にいる16歳の呪術師、神原零は皆からゼロと呼ばれている。

ゼロは俺の問い掛けに答えた。

「今から、ここでお祓いをします。かなり危険な仕事なので、しっかり指示に従って行動してください。」

突然連れてこられたのに何だそれはと思った。

「おい…その危険な仕事に素人の俺を巻き込むのか?」

ゼロはニコリと笑った。

「しぐるさんなら、大丈夫です。むしろ、しぐるさんの力が必要なので。」

俺は溜め息を吐いてから「わかった」と言った。

すると、俺の右隣に立つ少女が口を開いた。

「しぐ、あなたの力は中途半端なんだからね。本気でやってよ!あ、ちなみにもう術は使える?」

普段はふざけているような口調の彼女も、今はやや真面目である。少女の名は城崎鈴那といい、俺と同級生で、ゼロと同様に呪術師をしている。

「術なんて…使えねぇよ。」

「えー、使ってたじゃんあたしとお祓いしたとき!あれだよ!あれ使えないの?」

確かに、あれで化け物を倒した記憶はある。だが、あれは俺の力じゃない。そんな気がするのだ。

「お二人とも、そろそろです。」

ゼロはそう言って、呪文のようなものを唱え始めた。

すると、穴の中心辺りにゲッソリとした男が浮かび上がってきた。男は何かを探しているかのように、辺りをキョロキョロとしていた。

白い着物を着たその男は、その場から動くことも無く、ただ辺りを見回すだけだ。

不意に、その男と目が合った。俺は直感的にヤバいと思った。

「しぐ!力使って!能力解放!覚醒!開眼!!」

城崎が叫ぶように謎の言葉を俺に投げ掛けてきたが、俺はどうすれば良いかわからない。

あの時、あれをどうやったか全く覚えていないのだ。

こうしている間にも、男の顔つきはみるみる変わっていった。完全に俺たちのことを睨んでいる。

ゼロが呪文を唱えるのを止め、俺に話し掛けてきた。

「しぐるさん!あいつはほんとにヤバいやつなんです!人死にますから早く!」

人が死ぬ。この言葉を聞いて、俺の中の何かが動き出した。

さっきまで穴の中心に留まっていた男も、ゼロが呪文をと切らせたからか、少し前に進んでいる。

俺はその男を睨み付け、両手を前に出し、力を集めた。

「このバケモノめ!俺を誰だと思ってんだ!汚ねぇ顔で睨み付けやがって!」

俺は振り絞った霊力を右手に集めると、拳を作り、その男がいる穴の中に飛び入った。

「ちょっと!しぐ違う!!そうじゃない!」

城崎が何かを言っているが、そんなことは関係無い。

「しぐるさん危険です!戻ってきてください!」

ゼロの声が聞こえた直後、俺の拳は男に直撃した。はずだった。

俺は男の体をすり抜け、何もない地面に転がり込んだ。

「後ろを振り返ると、男が人間のものとは思えないほど大きな口を開いて立っていた。」

まずい、喰われる。

そこで俺はふと我に返り、自分がしたことがどんなに恐ろしいことかということに気付いた。

もう駄目だ。俺は死ぬ。妹のところに逝けるといいな…

グシュッ…!

何か、不快な音が聞こえた。

ゆっくりと目を開けると、さっきと同様にあの男が大きな口を開いて立っていた。

しかし、その口の真ん中辺りから何かが突き出ている。見たことがある。その何かは、刀だった。

刀は、まるで男の体を溶かしながら、真っ二つに切断していく。

徐々に刀を持つ者の姿が見えてくる。

それはゼロだった。その姿が見えたところで、俺の記憶は途絶えた。

目が覚めると、そこは俺の家の居間だった。

「旦那様?」

声の聞こえた方を向くと、露が心配そうに俺を見ていた。

「何?どういうこと?俺生きてる?」

意味不明な言葉を喋りながら上半身だけを起き上がらせると、そこには城崎とゼロの姿もあった。

「しぐるさん、無茶し過ぎです。指示に従って行動してくださいと言いましたよね?」

そうだ。俺はあの時、なぜあんな行動をしてしまったのだろう。

心当たる点ならある。

2年くらい前だっただろうか。その時初めて知った自分のことがあった。

「しぐるさん!聞いてますか!?」

不意にゼロが強い口調で言った。

「ああぁ、悪かったよ。」

「まぁ、今のしぐるさんにそう言っても仕方ないですよね。あのとき行動したのは、もう一人の方ですから。」

ゾクリとした。なぜこいつがそのことを知っているのか。もしかして、バレたのか。

「おい待て、なんでそのことを。」

「バレバレですよ。そもそも、それを調べるために、しぐるさんに今回の仕事を手伝ってもらったんですから。」

「ソレとお祓いに何の関係があるんだよ。」

詳しいことは今から話しますとゼロは言った。

また一つ、新たな真実が明らかになろうとしていた。

Normal
閲覧数コメント怖い
3373
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意