中編2
  • 表示切替
  • 使い方

子供と遊ぶ、長い髪の女

これは、12年前のお話です。

当時住んでいたアパートの寝室には、南向きの窓がありました。

その窓の左側の、部屋の隅に、私はいつも霊の気配を感じていました。

当時の私は、今よりも霊感が強くなくて、霊を視るというよりも霊の存在を感じることが多かったのですが、その霊の気配は、いつも部屋の隅にずっといて、何をするわけでもなく、どこへ行くわけでもなく、ただずっとそこにいるのでした。

独身だった私も、やがて結婚をして、子供を産みました。

その間も、霊の気配は、部屋の隅にずっとありました。

でも、何をするわけでもないので、私もあまり気にしていなかったのです。

ある日、私よりも霊感の強い弟が、寝室にいる霊を女性だといいました。

でも、弟は、

「何をするわけでもなく、ただいるだけだから、気にしなくていい」

と言ったので、私は安心していたのです。

それから、子供が8ヶ月を過ぎた時のこと…

子供がお昼寝をしたので、添い寝をしていた私は、そっと寝室を出て、隣の居間で雑誌を見ていました。

すると、隣の寝室から、眠っているはずの子供の「キャッキャッ」という笑い声が聞こえるのです。

「あれ?起きたのかな?でも、なんで楽しそうに笑っているんだろう?」

私はそう思いながら、隣の寝室のベッドを見ました。

すると、確かに子供は起きていて、寝たままの状態で足をばたつかせながら、両手を天井の方へ伸ばしているのです。

と、その時、

music:6

「フフフフ…」

と女の笑う声が!!

「え!!」

その瞬間、私は確かに見たのです。

ベッドの横から、子供を覗き込む髪の長い女の姿を!

私はとっさに、

「その子はあんたの子じゃない!!手を出すな!!」

と怒鳴って、子供を抱きかかえました。

すると、その女はすっと消えたのです…

music:4

そのことがあってからも、女の気配は、寝室の部屋の隅にずっとありました。

でも、それ以降、子供に手を出すことはありませんでした。

それから、私は、そのアパートを出ました。

あれから12年経ちますが、あのアパートは、まだあるようです。

あの女は、まだあのアパートの部屋の隅にいるのでしょうか…

もしかすると、あの女はまだあのアパートにずっといて、何をするわけでもなく、どこに行くわけでもなく、そこに住む住人をじっと見つめているのかもしれません…

Normal
閲覧数コメント怖い
4701
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

やっぱり子供は見えちゃうんデスね。
子供さんに何もなくね何よりでございます。