中編2
  • 表示切替
  • 使い方

やまとなでしこ

俺の彼女は自分にはもったいない位の美人!!

黒髪ロングのサラサラヘアーに大きな瞳とスジの通った高い鼻

そこらへんにいるアイドルなんかより全然綺麗。まあ自分の彼女だから評価は少し甘めかもしれませんが

nextpage

ただ性格はおしとやかで清楚な誰もが羨む

「やまとなでしこ」

nextpage

凛とした姿勢におだやかな笑顔、どこに行くのもイヤな顔一つせず、町に出るとみんなが俺達を注目!!

毎日が楽しく。毎日、毎日どこ行こう?と

でも結局俺が行きたい所に落ち着くデート(ノロケ?)

nextpage

とにかく彼女といると自分まで偉くなった様な気分になり彼女との結婚生活を本気で考えてた矢先

nextpage

ある博物館デート中

「うわぁこの娘、無茶苦茶美人じゃん?」

って俺がいるにも関わらず馴れ馴れしく彼女をナンパしてくるバカども

nextpage

思わず「俺の女に手を出すな!!」と声を荒げると

「そんな訳ねえじゃん」とゲラゲラ笑うバカ(怒)

nextpage

おれは正直喧嘩も強くないし、した事もない、気だって全然強くない。

ただ自分の大切な物を傷つける奴は誰だろうと許さねえ!!

nextpage

気付けば二人の男をボコボコに・・・・

ってしたかったんだけど現実は厳しかった

nextpage

まあそれでも彼女だけは守れて良かったんだが帰りの車中

あのバカどもの「そんな訳ねえじゃん」って言葉がどうしてもひっかかり

nextpage

確かにこんな綺麗な女がなぜ俺なんかと?

なによりナンパされてた時のコイツがなんか嬉しそうに見えたのがどうしても許せなかった!!それから

nextpage

「お前なんでいつも電話に出ないの?」

「何でハッキリ自分の気持ち言わないの?」

「ホントに俺の事好きなんか?」

nextpage

あんなに楽しかったデートが彼女への嫉妬心、猜疑心からいつしか彼女への取り調べになってしまい

nextpage

それでもずっと俺の話を黙って聞き続けてくれた彼女

それなのに俺は・・・(涙涙涙)

nextpage

あの時の俺はそんな彼女の優しさがムカつき、不安になり、悔しくなり色んな感情が交錯し

nextpage

遂に彼女を部屋に引っ張り込み、彼女を強姦してしまいます。

nextpage

でもそこで俺は彼女が処女じゃなかった事に腹を立て更に問い詰める最低な男

そして出会って初めて彼女が泣いてるように俺には見えました。

nextpage

「もう、コイツを殺して俺も死のう!」

「死んでくれさえすれば永遠に俺だけの物だ」

そして

nextpage

彼女の大きな胸を何回も何回も包丁で刺し

泣きながら彼女の首を絞め

「今、彼女を殺しました。」

そう警察に電話し茫然と座り込んでいると

nextpage

パトカーのサイレン音が・・・

それからどれだけの時間が経っただろう?

nextpage

警官からの

「彼女ってこの人形の事?」

nextpage

中古アメリカ製ラブドール 「アイリーン」 35万8000円

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7648
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

途中まで面白かったのに終わりがまた意味不明。。
もう少し練られていたらなぁ

表示
ネタバレ注意

コメントありがとうございます。
「いつでもそばに行くよ。」みたいな本格的小説が自分も早く書けるようになりたいです。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意