中編4
  • 表示切替
  • 使い方

自分に正直な人達

お昼休み、あっちの店こっちの店とサラリーマンやらOLやらで町は活気づいています。

nextpage

そんなある種お祭り騒ぎの中、夏でもクーラーは必要ないんじゃないのか?と不気味にひっそりと店をかまえる○○食堂

nextpage

で、学生達の間で名付けられた呼び名は「恐怖食堂」。

夏合宿、修学旅行、または不良達がたむろするコンビニ前でも怖い話の定番場所として度々登場するんですが無責任な物で会話の割に全然お客さんは来てくれない。

nextpage

でもその一番の理由は、学生達の噂話でも店の雰囲気でもない!!

店主の性格。

nextpage

実は店の雰囲気とは相反して、凄いおしゃべり好きの店主

nextpage

一見するとそのギャップで店も繁盛しそうな物なのですがなんせその会話内容が全~部ッ!!自分の自慢話ばっかり

nextpage

最初こそ普通に聞いていたお客さんも段々と苦笑いになっていき、食べ終わる頃には逃げるように会社に戻り、同じ客がこの食堂に訪れる事は二度とない。

nextpage

そんな壊れかけの店にある日一人の男が・・・

nextpage

店主「いらっしゃい、何にします。」

謎の男「この店一番のおススメ料理下さい。」

nextpage

すると店主が満面の笑みで生姜焼き定食を出しニコニコしながら

「これは美味いと思うよ~」、「豚肉のレベルがほかの店と比べもにならない!!」

nextpage

と料理の自慢話から始まり途中からは店主の武勇伝的な話まで・・・

nextpage

わずか15分そこそこで店主の半生まで聞かされそうになった所で謎の男からの

nextpage

「生姜焼き定食をまずく作る方が難しいわ!」

nextpage

と、ポケットから小瓶を取り出し

「これが本当に美味しい料理って物なんだよ」

と小瓶から謎の液体を振りかけた定食を差し戻しそれを店主が食べた瞬間

nextpage

今まで誰も褒めた事も認めた事もお世辞すら言った事のなかった店主からの

「う、美味い・・・」

nextpage

そして目を真っ赤に腫らした彼からの

「その小瓶を私に下さい」と言う涙の敗北宣言

nextpage

すると謎の男は

「あなたは本当の料理の美味さを感じ取れる舌を持っている」

「その味覚がある限りいつか絶対繁盛出来ますよ」

nextpage

とニコリと笑いその小瓶をテーブルに置き店を出ていく謎の男

nextpage

それからの店主は人が変わったように料理に打ち込み、それでも「自分はまだまだ」と夜遅くまでひたむきな努力をし続け、更にもともと料理の味がと言うより店主の性格部分が足を引っ張っていたんで謙虚な姿勢に生まれ変わった結果

nextpage

一人また一人とお客さんも徐々に増えていき

気が付けば他店と引けを取らない程店は繁盛するんですが

nextpage

どう~しても、あの謎の液体を振りかけた生姜焼き定食の味が忘れられない!!そして料理研究のため既に使い切った空の小瓶を眺めながら

nextpage

「こんな小瓶じゃ足らねえよ!」

nextpage

とぼやいた瞬間、玄関口からの謎の配達物

nextpage

もしや?と思い急いで段ボール箱を開けると、箱いっぱいに敷き詰められた小瓶の数!数!数!まさに狂喜乱舞で急いで台所に行きその液体をかけての夕食

nextpage

「う、美味い美味すぎる」

約二年ぶりとなる液体入りご飯は殺人級に美味く、何杯食べても満腹にならない

そして涙でくしゃくしゃになった顔を拭きながら半分以上の小瓶を使い切ってしまった所で

nextpage

「もう店なんてどうでもいいや」

nextpage

とその日の内に全ての小瓶を使い切ってしまった店主。しかし店主にとって幸運なのか?不幸なのか?次の日も又その次の日も段ボールいっぱいの小瓶が送られ

nextpage

更にこの液体をかけた食べ物、全然飽きがこないどころか同じ物を食べても一回目より二回目、二回目より三回目と食べる回数に比例して美味しく感じてしまうんです。

nextpage

それから一年後、細身だった店主の身体はブクブク激太りし、食糧を買い込むための貯金も底をつき、仕事や料理に対しての情熱もなくなり、あるのはただただ無限に続く食欲のみ・・・

nextpage

そしていまだに送り続けられる謎の液体

でも情熱もない!お金もない!食糧もない!私にとって残されてたのは自分の醜く太った身体のみ

nextpage

そして絶対やってはイケナイと言い聞かせてた禁断の扉を遂に開けてしまいます。

nextpage

shake

wallpaper:2997

まずは人差し指から・・・

nextpage

指を切断する痛みよりも上回る衝撃の美味しさ!

ドクドクと流れ出る手のひらからの血液がまた絶品に美味い!!

そして中指、くすり指と食べ続けたとこで気を失う私

nextpage

しかしその失神が出血多量のためなのか?指の美味しさのためなのか?私自身もまるで境がついていない。

nextpage

そして目覚めると次は唇、その次は耳、そして腕等々、店中が血の海となり正真正銘の「恐怖食堂」になった所で「ガラッ」と開く扉

nextpage

wallpaper:2808

ぼんやりした意識の中で見えるのは金髪頭の不良少年、少女達・・・

nextpage

彼らが私を助けに来てくれたのか?ただただ店の物を盗みに来ただけなのか?もう死んでしまった私に確認する術はないがただ一つ確認出来たのはそのグループの一人が小瓶を店からこっそり持ち出してた事

nextpage

何も起きなければ良いが・・・

nextpage

wallpaper:164

数日後

小瓶を盗み出してた少女「あ、そういやこの前こんな小瓶が落ちてたんだけどこれって何だと思う?」

別少女「化粧品とかじゃね?」

nextpage

とキャッキャッさわぎながら小瓶の液体を顔にペタペタ塗りたくる少女達・・・

そして

nextpage

「なんかこれ臭くね?絶対化粧品じゃないよ~(笑)」

「臭いって言うかなんか食欲がそそる様な匂いって言うかなんと言うか~」

nextpage

そして顔を塗りたくったその手をじ~ッと見つめながら「ちょっと爪部分かじってみ?、私もかじるから」とゆっくり指先を口元に近づける二人の少女

nextpage

・・・

nextpage

・・・

nextpage

・・・

nextpage

「まずッ!!」

そしてその小瓶は少女達の手によって川に捨てられ二度と人の手に渡る事はありませんでした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6631
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ