短編1
  • 表示切替
  • 使い方

最後の日(つづき)

次の日

あたしは いつもどうり

登校した。

いつ死ぬの?

不安でいっぱいだった。

その時

タタタタタッ

私に近づいてくる走る音

そのときだった

背中に激痛がはしる。

「っ…」

ふりかえると 黒いフードをかぶった男

そいつは顔をあげた

そして 私に刺さったナイフを抜いた

その顔は血がついてた

「ぁ…ァァ…」

あたしの最愛の彼だった

そして あたしは倒れた

必死で彼を見ようとした あたし

彼は…

涙でいっぱいだった

「ごめんな…。死ぬ日は一緒がいいだろ…?」

そのとき、あたしの顔に

血がとびちった

意識がとおくなる

それが あたしと彼の最後 の日だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 萩さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ