第三回リレー怪談 鬼灯の巫女 番外編 中編

長編10
  • 表示切替
  • 使い方

第三回リレー怪談 鬼灯の巫女 番外編 中編

wallpaper:4423

「そっかー、もう大学生なんだ。どう、やりたかったデザインの勉強、出来てるの?」

「うん、思ったよりも大変だけど、頑張ってるよ。最近、パソコンとか使いだしたんだ」

「へええ、あのメカオンチの渚がねえ」

「あ、ひっどーい。今じゃ立派なマカーですからね。いつまでもアナログじゃありませんよーだ」

ステップに座り、他愛のない会話を続ける二人を、東野は校舎のドア付近で、腕を組みながら眺めていた。

nextpage

(洋子とやらに、おかしなそぶりはない)

ひょっとして、なにかの力で、渚を自分の世界へ連れて行こうとしているのではないか、などとも思ったのだが、どうもそのような様子は見えない。

本当に、ただ渚の願いに呼ばれて、この場に具現したように思える。

nextpage

(・・・・・・笑っている方が似合うな)

そう思わず感じてしまうほど、屈託なく笑う渚は、先ほどまでの緊張と不安に満ちた表情とはうって変わって、東野の目にも魅力的とすら思えた。

nextpage

どれぐらい時間がたっただろうか。

洋子が、つ、と立ち上がった。

wallpaper:4417

「ごめんね、渚。私、そろそろ・・・・・・」

「・・・・・・もう、行っちゃうの?」

渚もその場に立ち上がる。

「洋子。もう、会えないのかな」

「ううん、きっと会えるよ。また会える。

でも、私、行かなきゃいけないから・・・。

だから・・・今度会えるのは少し、先になると思う」

nextpage

「・・・・・・やだ、よお」

渚が嗚咽を漏らしながら洋子の胸に顔をうずめた。

洋子が、両手を渚の肩に延ばす。

nextpage

wallpaper:4416

(連れて行く気か?)

一瞬、東野に緊張が走った。

彷徨う魂が現世の人間を巻き込みたいなら、今が絶好の機会だ。

nextpage

だが、洋子は、震える手で渚の肩に手をかけると、ぐっと二人の体を引き離した。

「ごめんね・・・・・・ごめんね。渚。

でも、きっとまた会えるから・・・その時まで、少しだけ、バイバイ」

「洋子・・・洋子お・・・・・・」

nextpage

wallpaper:3973

洋子の体が少しずつ光に覆われていく。

やがて朧げな鱗粉のように、その光が虚空へと溶け始めた。

「洋子、待って。お願い。一つ聞かせて。

どうして死んじゃったの?ここから飛び降りたのは、やっぱり私が・・・・・・」

必死に問いかける渚に、洋子は微笑みかけた。

「違うよ」

「・・・洋子」

「渚のせいじゃないよ。絶対に渚のせいじゃない。ただ、あの時の私は、こうするしかなかったの。

ゴメンね。渚にまで心配かけちゃって。弱い私で、ゴメン」

渚は激しくかぶりを振った。

洋子の体が薄れていく。

下半身からぼんやりと、まるで蛍の乱舞のように光の粒になり、夜空の星々と同化していく・・・。

「最後に、もう一つだけ。もう一つだけ聞かせて。

私たち、今でも、友達かなあ」

嗚咽でほとんど聞き取れないような渚の声掛けに、洋子はほほ笑みを返した。

wallpaper:4426

「ずっと、ずっと、友達だよ」

一瞬、ひときわ光り輝いたのち、そこには洋子の姿はなかった。

星空と、防水シートに覆われた屋上に、渚の泣き声が響いていた。

wallpaper:4416

nextpage

「行こうか」

しばらくして、東野が渚に声をかけた。

渚はこくりと頷くと、ゆっくりと立ち上がった。

nextpage

「あ、ありがとうございました」

まだ若干の嗚咽をしながら、渚が礼を述べる。

「気は済んだか?」

「・・・はい」

渚は、そっと鎖のついた石を握りしめると、胸のポケットにしまった。

「そうか、よかった」

東野は鉄の扉を開けると、校舎の中に戻ってく。

渚も後に続いた。

nextpage

wallpaper:4409

「あ、でも」

階段を降りながら、渚が話しかける。

「ん?」

「東野さん、一つだけ間違ってました。願いを叶える石なんて存在しない、って言ってましたけど、あれ、違ってましたね」

渚は、こぼれる涙をそっと人差し指で拭うと、微笑みを浮かべた。

「私の願い、叶いました」

「・・・・・・ああ、そうだな。参ったよ。

俺の知識もまだまだだった。本当に存在するんだな。そんな物が・・・・・・」

本心だった。

「私、でも、少し怖いんです。これから、高校時代のこと、忘れちゃうんですよね。

仲間たちの事も、洋子も、ひょっとしたら、潮君のことまで・・・・・・」

nextpage

wallpaper:204

「・・・・・・シッ!ライトを消せ」

不安を払いたいのだろう。饒舌に語る渚を、東野が止めた。

二人が降りていく階段の先に、薄ぼんやりとした明かりが見える。

人工的な光、恐らく、懐中電灯か何かの光だ。

nextpage

(まさか、この時間に見回りか?)

二人は階段の影に隠れ、そっと様子を窺った。

nextpage

(・・・・・・おかしい。光が動かない)

nextpage

東野は、渚に物影に隠れているように指示を出すと、階段を慎重に降りて行った。

3階のフロア、階段の登り際の所が、薄黄色に光っていた。

その光に、何かが照らされていた。黒い、洋服のジャケットのような・・・・・・。

(・・・・・・)

東野は息をのんだ。

wallpaper:4424

人間が倒れている。ジーンズに身を固め、大の字になって仰向けになって倒れている、大柄なその男は・・・・・・。

「・・・どういうことだ」

思わず口に出てしまった。

そんなことはありえない。そう何度自分に言い聞かせても、目の前の現実は変わらない。

nextpage

東野の前で倒れていたのは「南田 潮」だった。

wallpaper:4427

「・・・っ!」

空気が変わった。重苦しい、まるで溶解した鉛の海の底にいるような、鈍重な感覚が周囲を取り巻いた。

星空の明かりが感じられない。

酷く喉が渇く。全身の毛が逆立ち、肌が泡立つ。

全身のあらゆる感覚器官が、身に迫る危機への警告を発していた。

nextpage

(まずい。まずいぞ)

この場所にいてはいけない。

東野は渚に合流しようと、身を翻し、階段を登った。

踊り場に、窓があった。

窓ガラスから、何かがこちらを覗いていた。

wallpaper:4425

逆さまになった女の顔だった。

酷く青白い顔に浮かんだその口が、ニイイっと醜く歪んだ。

(見 ツ ケ タ)

女の口が動いた瞬間、その体は一瞬で窓から下に向かって姿を消した。

そう、まるで、屋上から飛び降りたかのように・・・。

wallpaper:4427

次の瞬間、地上の方から、ぐしゃり、という不快な音が響いてきた。

沈黙が辺りを覆った。

東野の心臓が、早鐘のように胸を打つ。

コツ・・・コツ・・・・・・コツ・・・・・・・・・

小さな物音が聞こえてきた。

何か、靴音のようなものが・・・。

nextpage

何者かが、登ってくる。

コツ・・・コツ・・・コツ・・・・・・

靴音は、少しずつ大きくなってきた。

ベシャリ、ズルズルという何かを引きずるような音が混じって聞こえ始めた。

何かが、決して出会ってはいけない何かが、こちらに向かって進んでくる。

nextpage

(ここにいてはいけない!)

窓に向かうのは躊躇されたが、今はそんなことを言っていられない。

(一刻も早く渚と合流しなければ)

東野は足を速めた、が、足が震えている。うまく走れない。

(・・・バカな?この俺が?)

nextpage

歯噛みしながら、足を殴打すると、なんとか少し思い通りに動くようになった。

今まで怪奇現象にはいくつか遭遇してきたが、こんなことは初めてだった。

経験したことのないほどの脅威が身に迫っているのを感じた。

必死の思いで階段を上り、4階へのフロアから少し登ったところに、渚がうずくまっているのが見えた。

nextpage

「渚、行くぞ。此処にいてはいけない」

周囲を警戒しながら渚の身を起こす。

直後、違和感を感じた。

重さを感じない。

渚の体が、服を着ているのに、まるで氷のように冷たい。

nextpage

「・・・渚・・・・・・?」

東野は渚の方を振り返った

wallpaper:4428

渚の顔が陥没していた。

目があるべきところには大きな穴が穿たれ、ヘドロのような脳漿が、ねっとりと滴っていた。

べっとりとした血液にまみれた髪には、ちいさなピンク色の髪留めが覗いていた。

nextpage

「貴様、渚じゃ・・・」

渚じゃない。そういいかけた瞬間、女の髪が蛇のように蠢き、東野の首に巻き付いた。

「・・・っ!!」

髪は凄まじい勢いで首を締め付け、ぎりぎりと体が宙に浮く。

と、同時に、髪から濁流のように黒い感情の渦がなだれ込んできた。

nextpage

wallpaper:4427

怒り、嘆き、絶望、恐怖、妬心、憎悪、殺意・・・・・・。

気が狂いそうになる異常な感覚。一人の人間に受け止めきれるものではない。これは・・・

nextpage

『怨霊』

nextpage

過去一度だけ遭遇しかけたことがある。

1人の負の感情を核に、様々な悪霊が集合した妖魔だ。

これを超えるのは神のみ、と言っていい、通常出会いうる中での最悪の魍魎。

今、ここでそんなものに遭遇するとは・・・・・・。

nextpage

(とにかく、一旦距離を取る!)

nextpage

東野は、首を締め上げる髪に手をかけながら、もう片方の手で、ポケットから水晶を取り出した。

常に身に着けているアミュレットだった。

wallpaper:4432

nextpage

東野がアミュレットに「力」を送った刹那、水晶は音もなく崩れ、放たれた光が一瞬目もくらまんばかりに辺りを白く染めた。

wallpaper:1

次の瞬間、東野の首を絞めていた髪の力がふっと抜け、体が地面に叩きつけられた。

辺りに女の姿はない。

「・・・っぐ、がはっ」

東野は激しくせき込みながら、床に落ちた懐中電灯を拾い上げると、階段を昇って行った。

視界の端に、潮のライトがかすかに見える。

wallpaper:4424

(南田潮・・・お前は・・・・・・)

未曽有の危機にありながら、東野の脳髄は冷静に今の状況を分析していた。

(知っていた。気づいていたんだ。

洋子の魂と、渚が出会ってはならないことを・・・・・・)

nextpage

そして、身体を張って、渚をこの場に来ないように仕向けた。自分は一切の悪役を引き受けて、そして万が一渚がここに来てしまったとき、自分が盾になろうとして・・・・・・。

(潮、あいつは見た目ほどバカじゃない。あいつはあいつなりに考えて、自分なりの最善手を打っていたんだ)

東野は自分を恥じた。

nextpage

(あいつも助けてやらなきゃな。だが、今は渚だ)

wallpaper:204

酸欠に視界がぼやける中、必死の思いで階段を登る。

渚に隠れているように指示を出した物影が見えてきた。

nextpage

懐中電灯の光を当ててみる。

ロッカーの影から、そろそろと顔を出す人影があった。

渚だ、今度は間違いない。

「渚、少し状況がまずい。ここから一旦出るぞ」

話しかけながら近づいていく東野の方を見ながら、渚の顔がみるみる恐怖にゆがんでいく。

wallpaper:4427

「・・・?どうした?」

渚は、わなわなと震わせながら、指を東野の方に向けた。

いや、正確に言うなら、東野の、少し後ろの方を・・・・・・。

nextpage

「きゃ、きゃあああああああああああああああああああ!!!」

渚の絶叫が響いた。

東野は背後を振り返った。

wallpaper:4429

後ろには、巨大な闇が広がっていた。

nextpage

視界の端に、黄色く濁った塊が不揃いに並んでいるのが見えた。

nextpage

それが、視界をはるかに超える大きさの、何者かの口が東野を飲み込もうとしているのだ、と認識したとき、東野の体は、巨大な闇の中に吸い込まれるようにして消えた。

からん、という音がして、何かが床に落ちた。

東野が今の今まで持っていた懐中電灯だった。

「あ・・・あ・・・・・・」

渚は、がたがたと震えながら壁の際まで後ずさった。

目の前には、黒い塊が、廊下いっぱいにまで広がっている。

赤黒い肉塊がその闇をこじ開けるように蠢くと、渚の方に濁った黒い球体を向けた。

渚の方を見ているように見えた。

nextpage

「あ・・・ひ・・・ひい…・・・」

腰が抜けたようでうまく立てない。

渚は震える体で、階段に向かって這いつくばりながら進んだ。

wallpaper:1

コン、という音がして、胸ポケットから、鎖のついた石が転がり落ちた。

コン、コン・・・

乾いた音を立てながら、石は階段を転がり落ちていった。

階段の先に、人影が見えた。

渚の瞳は涙でぐしゃぐしゃになり、視界は霞んで、最初それが誰かわからなかった。

人影は、足元に転がった石を拾い上げると、唐突に口を開いた。

「あら、あら、まあまあ、よくも俺の渚を泣かしてくれたもんだな。オイコラ!」

言いながら、渚たちの方に向かって歩いてくる。

nextpage

「おい、てめえら、知ってるか?

ヒーローってのはなあ・・・・・・」

nextpage

手にしたライトの光を、影の塊に向けてびしっと照射した。

「遅れてくるもんなんだよ!!」

とうっ、と一言声を上げると、階段を3段飛ばしで、一気に渚の目の前に立つ。

「渚、洋子、待たせたな!

スーパーヒーロー、潮様登場!!」

wallpaper:4414

筋肉質の体をゆらりと揺らすと、渚の前にいる、黒い塊に対峙した。

「さっきはよくもびっくりさせてくれたな。コノヤロウ。ああ?死ぬかと思ったじゃねえか。

俺様が死んだら、てめえ俺様と同じ土俵だぞ。ああ?

てめえ、ただで済むと思ってんじゃねえぞコン畜生!」

啖呵を切りながら、ポケットから、今拾った石を取り出す。

nextpage

「渚、これかい?あんたがいってた、『願いを叶える石』ってのは?」

潮は石を高く掲げ、息を一つ吸い込んだ。

nextpage

「やい、くそ石!よく聞けよ。

俺様の最も最も、最っっっとも大切な気持ち。『渚への熱い思い』をくれてやる!

さあ、洋子に取り憑いたへなちょこ亡霊共を、丸めてウンコごと便所から地獄にでも叩き落としてやれ!!」

nextpage

「・・・・・・潮、君?どうして」

渚は、やっと口を開いた。

潮は、がははと豪快な笑い声を上げた。

nextpage

「なあに、心配するな!俺様が渚への気持ちを消せるわけねえだろ?石の魔術なんざ、ぶっちぎって・・・・・・」

「ごめん、そうじゃなくて・・・どうしてここに?」

「ああ?そりゃ、まあ、俺は渚のガーディアンエンジェルだから・・・・・・って、熱っち!!」

潮がぶんぶんと手を振った。

真っ赤に染まった鎖のついた石が、コンコンと音を立てながら転がり落ちる。

wallpaper:4431

shake

オオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

洞穴から響くような重い、呻き声のような音が辺りに響き渡った。

廊下に広がっていた顔が、ぐにゃぐにゃと揺蕩い、一瞬小さく縮んだと思うと、次の瞬間、爆発するように膨れ上がった。

nextpage

闇の中から、いくつもの髑髏や、腐りかけた男女が飛び出してきた。

nextpage

髑髏たちは、弾丸のような勢いで、空中を一直線に飛び、虚空へと消えていく。

そのうちの何体かが、渚と潮に向かって飛んで来た。

nextpage

「いいいいいいいい?」

カタカタと歯を鳴らしながら、潮の首に咬みつこうとする髑髏を引き離しながら、潮が妙な声を上げた。

「渚!大丈夫か!?」

nextpage

渚に向かい、ずりずりと這い進む男の上半身と思われる肉塊を踏みつけると、潮が渚に声をかける。

渚は、ほとんど失神しかけながら、かすかに頷いた。

徐々に、徐々に廊下を占拠していた闇が薄れていった。

そして、ほぼ霧のようになった、その中心にいた黒い塊が、潮の方に倒れこんできた。

nextpage

「おっと」

潮は、その塊を抱き留めた。

「洋子、おひさ」

wallpaper:4417

艶やかな髪に、ピンクの髪留めをした少女が、潮に倒れかかっていた。

その様子を、渚は少し複雑な表情で見つめていた。

Normal
閲覧数コメント怖い
1930
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ