中編3
  • 表示切替
  • 使い方

きっと…

当時、専門学校に通っていた僕は、2DKのマンションを借りて生活していました。

駅にも遠く、周りにスーパーとかも無かったのですが、家賃が安いという理由で契約しました。

2年目の夏。

夏休みを利用して高校から溜めていたバイト代で買ったバイクで、四国一周の旅を終えマンションに帰って来た………。

エレベーターを降りて直ぐの角を曲がり、部屋へと続く通路を歩いていると、丁度僕の部屋から大家さんが出て来て、ドアに鍵を締め反対側の階段を降りて行った。

不思議に思いながらも部屋に入ると、3つの段ボール箱が玄関に置いてあった。

送り主の名前も住所にも心当たりは無かった。

でも、宛先はこのマンションの僕の部屋になっていた。

“また大家さんの勘違いか。これでもう3回目だし”後で大家さんに伝える事にした。

その日はなかなか寝付けず、バイクの雑誌を読んだりテレビを見たりしていたが、知らない間に眠り込んでいた。

目が覚めたのは午前10時40分。床で寝たせいか、腰に軽い痛みを感じながらトイレに入った。

用を済ました僕は何かに見られている気がした。

それは浴槽の方からだった。

トイレとお風呂が一緒になっているタイプで、横にはカーテンで仕切られた浴槽がある。

僕はその視線を辿り浴槽の方に目をやるとカーテンの隙間の奥から、カッと目を見開いた若い女と目が合った。

声も出せず慌ててトイレを出た僕は、気が付けば少し離れた公園にいた。

見ちゃったかも…。

全然霊感のない僕は、さっき見た者が幽霊だったのかどうなのかは分からなかったが、あまりにもはっきりと見てしまったので、恐怖心からなかなか部屋に戻る事が出来なかった。

午後4時を過ぎてようやく部屋に戻る決意をし、恐る恐る部屋のドアを開けた。

一通り部屋の中を確認したが、あの女の姿はもう無かった。

ただ、昨日大家さんが置いていった段ボール箱の荷物が無くなっていた。

なんだか今日はとても疲れた……。

壁に凭れ、座り込んでいた僕はいつしか眠りに入っていった。

次の朝。

隣の部屋のドアを閉める音で目が覚めた。

出勤の時間なのだろう。いつも無神経に大きな音をたててドアを閉めるのだ。

大分と頭がすっきりしてきた僕は、部屋の異変に気が付いた。

窓のカーテンが変わってる!?

あとカレンダー、食器類、玄関マット……。

どうなってんだ!

昨日は確かに僕が買い揃えた物だったのに、部屋は見覚えの無い物に取り替えられていた。

大家さんにこの事を伝えに行ったが、留守らしく仕方なく部屋に戻る事にした。

部屋の前まで来た時、中から誰かの話し声が聞こえてきた。

一人は大家さん、そしてもう一人は女性の声だった。

息を殺し、ニ人の会話に集中した。

大家「……申し訳ないね。クローゼットにまだ前の住人の荷物が残ってたなんて」

女性「いいえ、いいんです。バイクの雑誌と、四国の旅行マップくらいですから」

大家「ご両親が来られて、荷物は全部持って行った筈だったんだけどね…」

女性「…そうですか」

女性「あの…、前にこの部屋を借りていた…。いえ、いいんです。雑誌は大家さんにお預けしますね」

大家「本当にすまなかったね……」

大家「……君の前に、この部屋は学生さんが使っていたんだ。でも今年の夏にバイクの事故で亡くなってね。なんだか四国からの帰りに事故にあったらしいよ。若いのに可哀想だね」

女性「…そうだったんですか……」

大家「ああ、いかん。これから区内会の会合があるんだった。何か分からない事があればいつでも言って来なさいよ」

女性「…………私が浴槽から見た、傷だらけのヘルメットとライダースーツを着た男は、きっと…………」

創作してみました

怖い話投稿:ホラーテラー グータンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ