中編2
  • 表示切替
  • 使い方

シイの話

先日、実家(和歌山県)に帰ったとき、地元のお年寄りから聞いた話。

nextpage

wallpaper:58

その人は生まれてからずっと龍神村という所に住んでいて、今年で九十三歳になるが、心身ともにかくしゃくとしており、昔のことをよく覚えていた。

山仕事や村での暮らしなど、色んなことを語ってくれたが、途中で牛の話になった。

nextpage

「この辺りでは、牛を歩ませる時には、“シイシイ”ちゅうて声かけた。

ほいたら牛が、後ろにシイがおるって驚いて、はよ進むんやら」

聞き慣れない名前が出てきたので、

「そのシイって、どんなもんですか?」

と尋ねると、その人はこんな話を聞かせてくれた。

nextpage

龍神村近辺の山中では、時々、シイという獣が出たという。

体は小さいが非常に獰猛で、人が触ろうとすると、手や喉、顔まで傷つけられるそうだ。

牛を襲って殺すこともあり、村人からは忌み嫌われ、また恐れられてもいたらしい。

nextpage

「親父が若い頃、虎ヶ峰の峠を行きやったら、連れとった牛がシイにやられたんや。

集落の男衆で山狩りをして、何匹か退治したと聞いたな」

「狼とかではないんですか?」

「全然ちゃう(違う)。見た目は、猪の子に似たぁったなぁ」

nextpage

「えっ見たことあるんですか?」

思わず身を乗り出す。

その人は頷いてから話を続けた。

nextpage

高等小学校に通っていた頃だという。

義姉の家に、変わった獣がいた。山の下刈りに行った時に捕まえたそうだ。

大きさや体つきは猪の子どものようだが、縞模様はなく、鼻の形も豚や猪とは違っていたそうだ。

義姉に「これがシイや」と教えられたらしい。

nextpage

「だいぶ弱っとったけど、変に迫力あったな。怒ると背中の毛ェを逆立てるんや。おとろしかったわ。

あの後、すぐに死んだんとちゃうかな」

nextpage

その人がシイを見たのは、後にも先にもそれっきりだという。

狼や川獺と同じく、いつの間にかシイを見た話も聞かなくなったと言っていた。

nextpage

話疲れてきた様子だったので、私は御礼を言って、その場を後にした。

車に乗ろうとした時、その家の背戸の方へ、こげ茶色した四つ足の生き物が駆けて行くのが目に入った。

狸にも見えたし、今まで見たことのない獣のようでもあったが、一瞬のことだったのでその正体は分からなかった。

Concrete
コメント怖い
4
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信