中編3
  • 表示切替
  • 使い方

学校の七不思議その一

今日は朝から暑い日だった、学校に着くと、幼馴染のリョウが先生に怒られていた。

いつものことだから特に気にしない

チャイムが鳴った

先生「みんなー席に着いてー」

先生がそういった時にリョウが扉を乱暴に開いで、

入ってきた。

nextpage

先生「リョウ君、はやく座りなさい!」

リョウ「うっせーな!このクソアマが!」

先生「なっ…あなた先生に対してなんてことを言うのです!、廊下に立ってなさい!」

リョウ「チッ」

リョウは舌打ちをすると廊下に大人しく立った。

はるな「リョウ君、今日も荒れてるね…」

そう言ってきたのは、友達のはるなだ。

nextpage

私「うん…」

ホームルームが終わるとリョウが入ってきてそのまま、私の席の前に座った。

リョウ「おい、れいか(私)、次の教科なんだ」

私「それが、人に物を聞く時の態度?、次は音楽よ」

リョウ「サンキュ」

〜〜〜

nextpage

予鈴の音楽がなった

私「急いで!リョウ!」

というと私は、音楽室へ走っていった。

私が席に着くとチャイムがなった

はるな「リョウ君、間に合わなかったね」

私「うん。」

リョウが遅れてやってきた

nextpage

リョウ「すいませんー」

先生「はやく座りなさい!」

リョウ「へーい」

先生「今日は、音楽祭の曲を練習します、皆さん並んでください」

みんな「はーい」

そこからしばらく歌ってると

nextpage

突然

shake

ばん!

音楽室の隣の壁を叩く音がした

もちろん誰も叩いてない…

先生「見てくるので、皆さん静かにお待ちください」

nextpage

バタン

扉が閉まった

私「今のは絶対幽霊だよ!」

はるな「またまた〜」

私「今日の放課後行ってみよ!」

はるな「えー、私怖いの無理ー」

リョウ「俺が一緒に言ってやろうか?笑」

私「いや、いい、1人で行ってくる」

nextpage

リョウ「えー、ケチ」

私「じゃあそーゆことで!」

とそこで先生が戻ってきた。

私「先生、何がありました?」

先生「…」

私「先生?」

先生「はい?」

私「大丈夫ですか??」

nextpage

先生「はい、大丈夫ですよ、何もありませんでした」

先生はそういうとピアノを引き始めた、それにつられてみんなが歌った

リョウ「チッ」

そして放課後…

リョウ「なあなあ、俺もついて行ってやろうか?」

nextpage

私「着いてこないで!きもい!」

リョウ「ひでーなw」

リョウはそういうとどっかに行ってしまった…

さっそく私は向かった…今日はノー部活デー、つまり部活がない

nextpage

音楽室の隣の準備室に着いた…

私「ふぅーさて、開けるか」

ギィィーー

扉が開いた。

奥の方に誰かいる…?あれは…先生?

私「こんな所で何してるんですか?、先生」

先生「…」

先生はゆっくりと振り返った…

nextpage

wallpaper:4963

shake

私「ヒッ…」

振り返った先生の顔には目がない…

ゆっくりとこちらに歩いてくる

shake

やばい!足が動かない!声が出ない!

嫌だ嫌だ死にたくない…

先生は私の目の前に来てた…

手にはナイフを持って…

先生は手を上にかざした

私は目をつぶった

nextpage

助けて…リョウ……

shake

リョウ「れいかあああああああああ!!!!」

私「リ…リョウ…」

shake

ザクッ…

私は目を開けた…

えっ…

nextpage

shake

目の前にはわたしをかばって先生に、刺されたリョウがいた…

私「り、リョウ…」

リョウ「れ、れいかはやく…に…逃げろ!」

私「で、でも…」

shake

リョウ「いいから!はやく逃げろ!ほかの…先生…をよんで…こい!…こいつは俺が…何とかしてるからよ…」

nextpage

私「わ、わかった、すぐ来るから!」

私は涙をふいた…

そして走った

ごめん、ごめん、リョウ…すぐ戻るからね…

nextpage

後日談

あのあと先生を呼びに言ったあと戻ったら、リョウ君は先生と共にいなくなっていた、そしてそのせいで、れいかは、私のせいだ…とずっと言ってった…そしてその後自殺してしまった…

Normal
コメント怖い
0
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ