中編2
  • 表示切替
  • 使い方

カメラ

私は友人Aに久々に会った。

友人Aは私と同じで、幽霊など毛ほども信じていない。

そんな友人Aの話だ。

友人Aは友達からある話を聞いた。

カメラが勝手に写真を撮るのだという。

カメラが勝手に写真?

皆さん、お分かりの通り、そんなことはたまにある。スマホが勝手にボタンを押されて、写真を撮っている時だ。

だが、詳しく聞くと、そんな状況ではないという。

カメラはスマホではなく、普通の一眼レフ。

これが、いつの間にか写真を撮っているのだと言う。

だが、その写真は怖くなって、持ち主は削除したのだという。

Aは面白くなってきて、そのカメラを預かることにした。

預かった先でご馳走になり、出来上がってしまって、嫁さんに迎えに来てもらって、そのカメラは玄関に置いて眠ってしまったそうだ。

明くる日、起きて、普通に仕事に行き、夜8時頃帰った時にそのカメラに気付いた。

そういえば…。こんな気持ちだった。

Aはそのカメラを回収すると、気にも止めず、再生ボタンを押した。

………夜中の写真が写っている。

奥さんに聞いた。

「俺、昨日何時に帰ってきた?」

「えー?確か、11時頃だったかな?」

自分はもう少し夜中よような気がしたが、飲んでいない嫁の方が確かだろう。

でも、そのカメラにはそれ以降の写真が3枚記録されていた。

写真を見てみるも、何の写真か分からない、

真っ黒な写真が記録されているだけだった。

Aは、奥さんか自分が間違って触ったのだろうと、気にも止めず、玄関から自分の部屋に移した。

次の日、Aはカメラの存在など気にもしていなかった。酔って興味を持った話であって、正直どうでも良かった。

というより、忘れていた。

それを思い出したのはカメラの持ち主から連絡があった時だった。

「カメラどうだった?」

そう言われて、思い出したのだ。

Aは怖くなった。この前は何も写ってなかったが、あれから一週間、もしかしたら…。

そう思いながら、カメラの履歴は見ずに持ち主に返した。幽霊は信じてなかったが、気味悪かった。

数日後、友人から電話がかかってきた。

「お前に預けたら何も写らなくなった。小さい子供が押してたんだろうな。」

そう言われ、ああ、やっぱり!と思った。

………だが、預かった初日のあのシャッターは誰が押したのだろうか。今もまだ不明である………。

という話をした後で、再度友人から連絡が………その友人がどうも他人に見られている感じがするのだと言う。

しかも、

「カシャッ!」

シャッター音のような音が聞こえると…。

そしてカメラの持ち主から電話が。

「何も撮れなかったあの後、カメラを確認したら………。」

Concrete
コメント怖い
00
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ