短編1
  • 表示切替
  • 使い方

駄菓子屋

ガキのころ、俺は近所の駄菓子屋で万引きを繰り返していた。

駄菓子屋は建物も古く監視カメラなんてものもない。

店員も婆さん一人だし、客のことをいちいち見張ってたりはしない。

昔ながらの駄菓子屋というのはそういうものだ。

そもそもこんな婆さんじゃ気付きもしないだろうが。

あれから30年、久しぶりに帰郷したらその駄菓子屋がまだあった。

「へぇー、懐かしいな。まだ潰れないでやってんだ。いまどき駄菓子屋に来る子供なんてそんなにいないだろうに」

俺がガキの時分でさえ結構なおばあだったが、子供が跡を継いだのだろうか。商売になどならんだろうに。

懐かしさで入ってみると、店番はあの婆さんだ。

「ほぉー、まだ生きてんだ(笑)。しかし大丈夫なのか?」

婆さんは置物のように微動だにしない。

一通り眺めると懐かしいものがたくさんある。

俺は「うま○棒」数本他、10点くらい買った。

これだけ買っても小学生のこずかいで充分お釣りがくる。

「28万円です」

冗談を言ってるようには見えない。

「は?婆さんボケちゃってんの?しっかりしてくれよ。他に人いないの?」

「お前がいままで取ったものの代金だよ。」

これは以前にジャンプか何かで読んだ話。

ちなみに怪奇漫画とかではなく、1話の中の1シーンを怪談風に適当アレンジしたものです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ