短編1
  • 表示切替
  • 使い方

リカちゃん人形

ある女の子が両親の仕事の都合で遠くに引っ越すことになった。その引っ越しの時に、長年大切にしていたリカちゃん人形を捨てていくことにした。引っ越してからしばらく経ったある日、彼女のところに電話がかかってきた。

「もしもし、私リカちゃん。よくも捨ててくれたわね。同じ目にあわせてやるから憶えてなさい。」

最初はただのいたずらと思ったのだが、その後も不気味な電話は続いた。

「もしもし、私リカちゃん。今あなたのいる県についたの。これからあなたのところに向かうから。」 

そして翌日の夕方。 

「もしもし、私リカちゃん。今近くの駅についたの。迎えに来てね。待ってるから。」 

女の子は、怖くなってそのまま電話を切ってしまった。その日の深夜、再び電話がかかってきたが女の子は決して受話器をとろうとしなかった。すると、留守電の応答メッセージが始まり、そしてリカちゃん電話と同じあの声が聞こえてきた。 

「もしもし、私リカちゃん。ずっと待ってたのに迎えに来てくれなかったわね。でも、お家はもう分かってるのよ。今は・・・あなたの後ろよ。」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
35000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ