短編1
  • 表示切替
  • 使い方

その呼び方はやめなさい

三十路直前の3年間、仕事のため朱鷺のいる島に住んでました。

島全体が心霊スポットだそうですが、霊感皆無の自分には、無関係だと思ってました。

ところが、暮らし始めて半年もしないうちに、人生初の金縛り。それからは、4ヶ月に一度のペースで忘れた頃に金縛り。

大抵、音が聞こえました。太鼓の音だったり、スリッパでフローリングを歩く音(和室なのに)だったり。

決して、目は開けませんでした。何かいたら怖いので。

一度だけ、目を開けてしまったことがあります。

その夜は、子供の声が聞こえました。

「…助けて、…助けて」

途切れ途切れの声が、次第にはっきりしていきます。

「助けて!」

「となりのおばちゃん、助けて!」

『おばちゃん』だと!?

20代女性(ぎりぎりだけど)に向かって、おばちゃん呼ばわりするのかあっ!

人外相手でも許せん!

思わず怖さを忘れて、目を開けました。

視線の先にいたのは、黒髪ショートヘア、群青の瞳で三白眼の、血の気の無い女の首。

呼吸も忘れて、見つめあうこと暫し。

そのまま失神。

気が付けば朝。

その後も、時々金縛りに遭いました。でも、耳元で笑われようと、重低音で怒られようと、決して目は開けませんでした。

開けたら、何かいるとわかったので。

本州に転勤してからは、金縛りに遭うことはなくなりました。

流刑地の力、恐るべしです。

怖い話投稿:ホラーテラー やのさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ