短編2
  • 表示切替
  • 使い方

赤い部屋

コピペです。

私は仕事の都合で引っ越さなくてはならなかった。

それである友達にすすめられ、あるアパートに入る事にした。友達は隣りの部屋だった。

私の住む部屋に入った時、何か違和感を感じた。

『…なんかこの部屋赤いなあ』

ふつうに見ると赤くないのに、何故かそうかんじた。

荷物の整理を終えた私と友達はクタクタだった。なのでこの日は二人で寝る事にした。

そして真夜中、私はある音でめが覚めた。

『ザーザー』

と音がしていた。

友達もその音で目が覚めていた。

『TVつけてないのに、なんだろうね』

なんて話してるうちに、音の発信源が分かった。

『風呂場だ』

シャワーがだしっぱだと困るので、私が何事だと、見に行った。

そこで私は信じられないものをみた。

『シャワールームが真っ赤だ!』

まるで血で染まったようだった。

更に真っ赤な風呂場にぼんやりと、人影が移った。でもその人影何か変だった。

『…首が無い!』

私が怯えて下を向くと、

『ゴトリ』

とおとがした。

そこには、首らしきものが、転がっていた。その首らしきものから、何か異様な視線を感じた。

『ぎゃぁぁぁぁぁ』

私は逃げた。友達も後を追って逃げて来た。

友達の部屋の鍵を忘れたので、その夜は外で過ごした。

次の朝、おそるおそる部屋に入ると、そこは、普通の光景で、シャワールームも普通だった。

何か赤い感じはのこってたけど…

私はその日のうちに荷物を友達の部屋に持って行き、友達の部屋で過ごす事にした。

あれはなんだったのかは、謎のままだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 初コメハンターさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1400
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ