中編7
  • 表示切替
  • 使い方

墓獄次穴

人を呪わば穴二つ、

こんな諺があります。しかし僕の田舎では、こう言います。

人を呪わば井戸の中…

僕の田舎は、N県の山の中にあります。

本当に田舎で、人口も千人くらいしかいません。

村の人が、みんな顔見知りのようなそんな所で、僕は18歳まで住んでました。

こんな小さな村でも、一年に一回活気づく時があります。

それは、村の神社の祭りです。

その祭りは、神社の隣に祀られてる、井戸のようなものの周りに、一晩中、焚き火をすると言う、まあどこにでもありそうなものでした。

だけど、僕はこの祭りが大好きでした。

なぜなら、一年で一番美味しいものが食べられるからです。

この祭りの日は、僕の父さんも母さんも村の人も絶対怒りません。何を言っても笑って許してくれるのです。

僕が17歳の時の、この祭りの日でした。

僕の友達のAとBが家へ遊びに来ました。

家族はみんな神社に行っていて留守なので、3人で隠れてタバコを吸っていました。

3人でバカな話をしながら笑っていたのですが、ふいにAが祭りのことについて話出したのです。

A「なぁ、知ってるか?神社の祭りのこと。あれさ、井戸みたいなの祀ってるでしょ、あの井戸さ、地獄につながってるんだってよ」

僕とBは、笑いながら、「マジで!」とか言ってました。

A「いや、ばあちゃんが言ってたんだ…だけど地獄て…笑っちゃうよな。なあ、明日の夜さ、井戸の中、みんなで見に行かないか?」

俺とBは、顔を見合せ黙りこんだ。

するとAが、

A「何お前ら、怖いのかよ!」

そう言って煽って来ました。

なぜこの時、正直に、怖いと言えなかったのか…

Aに煽られ、僕もBもムキになり、祭りの次の日の夜、井戸の中を見ることになってしまいました。

祭りの次の日の夜、僕ら3人は井戸の前にいました。

神社の住職も寝てるようで、神社は静まり返っていました。

僕ら3人は、とりあえず井戸の中を覗いた。かなり深そうで、奥まで見えませんでした。

するとAが、リュックサックから、ロープを取り出し、

「これで俺を縛って、井戸の中に降ろしてくれ、んで次にBが降りてこい、〇〇(僕の名前)は、とりあえず見張りな。」

僕らは、言われた通り、Aの体を縛り、ロープの端は、近くの木に縛り付けた。

「いくぜ!」

Aがゆっくりと井戸の中へ入って行きました。

と次の瞬間、Aは何かに引っ張られるように、井戸の中へ滑り落ちていったのです…

僕とBは、何が起きたのか理解するのに、少し時間がかかりました。

Bが「Aが落ちた!ヤバい助けなきゃ!」

僕らは、木に縛り付けておいたロープを引っ張りました。しかしどんなに引っ張ってもびくともしません。まるで井戸の中から何かにロープを捕まれてるようでした。井戸に駆け寄り中を覗いて見ました。しかし、暗くてよくみえません。

その時、井戸の中からもの凄い声が聞こえてきました。甲高い、男が女が分からない悲鳴が…

「キィィィィィァァァァァァ…」

僕ら二人は、その声を聞き、体が硬直したように動かなくなってしまいました。

B「今のAの声だよな?」

僕「分からない…」

B「お前、神社に行って住職呼んでこい!これ絶対ヤバいよ…」

僕「わかった!」

僕は、神社の裏にある、住職が寝泊まりしている家へ走り出した。

家に着くと、やはり眠っているらしく、真っ暗だった。

僕は、玄関のドアを叩きながら、精一杯の声を張り上げた。

「すいません!友達が井戸に落ちてしまいました…助けてください!」

すると家の中で、ゴトゴトと音がし、行きなり玄関の戸が、ガラッと会いた。

「お前!今言ったことは本当か!」

行きなり、不精ヒゲをはやしたおじさんが僕に怒鳴り付けた。

僕「は…はい。井戸の中に滑り落ちてしまって…中から凄い悲鳴がきこえるんです。」

「なんてことをしたんだ…ちょっと待ってろ直ぐ行く!」

おじさんは家に戻り、服を着替えて出てきた。

お坊さんの正装のような格好をしていた。

「走るぞ!」

おじさんは、そう言うなり井戸に向かって走りだしました。

僕もあわてて後を追います。

井戸では、Bが疲れきった表情で座っていました。多分ずっとロープを引っ張っていたのだろう。

B「もう…Aの声聞こえてこないんだ…」

ガックリと項垂れながらそう呟いた。

おじさんが、でかい声で言った。

「いいか、落ち込んでる暇なんてないんだ!早くしないと、友達は全部持ってかれるぞ。俺が井戸に入る。お前らは、俺が合図したらロープを引っ張れ!

分かったな!」

そう言うと、Aが体に巻いたロープを辿るように、おじさんはゆっくりと井戸に入って行った。

僕とBは、固唾を飲んでおじさんの合図を待った。

おじさんは、井戸の底に着いたらしく、井戸の中からお経が聞こえてきた。

十分くらいお経を唱えただろうか?

行きなりおじさんの大声がした。

「お前ら、引けええ!」

僕らは、自分達が出せる限りの力をふり絞りロープを引っ張った。

ロープが動く!

さっきまでとは違い、ロープは僕らの引く方へ動いたのだ。

僕らは、一生懸命ロープを引っ張った。

もう少し、もう少し、お互い声を掛け合い、

すると井戸に顔が出てきた。Aだ!

しかし、僕らは喜ぶ事が出来ませんでした…

Aの変わりように、僕らは言葉を失いました。

体中にお札が張られていました。顔も手も足も…

そして、何かをぶつぶつ呟いているのです。

Aの姿を見て、呆然としている僕らに、おじさんの大声が聞こえてきた。

「おおい!ロープ垂らせ!早くしろ!」

僕は、急いでAの体のロープを外し、井戸へ投げこんだ。おじさんのお経は、止まずに続いている。

お経を唱えながら、ロープを登っているようだ。

僕は井戸の中を覗きながら、おじさんを待った。

井戸の中のおじさんが見えてきた。

おじさんは、お経を唱えながらゆっくり登っている。

おじさんの足元には、煙みたいなのが、モウモウとしていた。

煙?いや…煙じゃない…

それは、井戸の中いっぱいに隙間なく群がる ″手 ″だった。

「うわああああああ」

僕は悲鳴を上げた。

おじさんが、井戸の外へ顔を出した。

手は?手は大丈夫?

僕はガタガタ震えていました。

おじさんの体が完全に井戸からでた時、おじさんは言いました。

「Aに貼ってある札を全部剥がして持ってこい!いそげ!」

僕とBは、言われた通り、貼ってあるお札を剥がしておじさんに渡した。

おじさんは、それを、お経を唱えながら一枚ずつ。

井戸の中へ落としていった。

最後の一枚を井戸に落とし終わると、おじさんは大きなため息をついた。

そして、僕とBの前にきて、言った。

「大変なことをしたな…Aは肉体は持って行かれなかったが、もう普通に生活することは出来ないだろう。

ここはな、お前達が思ってるような、軽いもんではないんだ。

お前達が、ただの井戸だと思っているものはな、墓獄次穴(ぼごくじけつ)と言ってな、呪いの穴なんだ」

おじさんは、Aを気遣いながら、静かに話出した。

「人を呪わば穴二つ…人を呪う時は、自分と相手の墓穴が必要だと言うことだ。

しかし、この村では、昔からこう言うんだ。

人を呪わば井戸の中…とな。

この辺りは、昔はとても貧しいところだった。太陽があまりあたらないからだろうな…

田んぼも畑も、僅かな実りしかもたらさなかった。

しかし役人達の、年貢の取り立ては厳しかった…

村人達は、ぼろ雑巾のように働かされ、働かされ、役に立たなくなると殺された…

村人達は、自分の運命を呪った。

そして、自ら命を絶つようになったんだ。

呪いを抱え、この井戸に身を投げたんだ…

村人の死体は、一つとして見つからなかったと言う。

村人達は、

(あの井戸は、地獄につながってるんだ)

そう噂し恐れた。

命を絶った、村人達の呪いは、役人達にふりかかった。

役人達は、次々と行方不明になった。

井戸に呼ばれたんだろうな…

あの手に持って行かれたのだろう…」

手……

僕は、あの時の光景を思いだし、おじさんに聞きました。

「僕も、井戸の中の手を見ました…

あれは一体なんなんですか?」

おじさんは、

「俺にもわからん…

ただ、俺の親父がいつも言ってたんだ、井戸の手が全てを持って行くんだと…

井戸の中へ入ったのは俺も初めてなんだ。」

僕は、今初めてきがつきました。

おじさんが、震えていることを…

Bが、おじさんに尋ねた。

「Aは…Aはどうなるんですか?」

おじさんは、

「わからん…本当にわからん。こんなことは初めてだからな。

とにかく、俺の家で面倒を見る。

何か持って行かれたのは確かだ…

あの姿を見れば分かる。」

Aは、一点を見つめ、ぶつぶつと呟き続けていました。

「朝になったら、お前らの親をここに呼ぶ。それまで、俺の家へ来い!」

僕とBで、Aを抱え、おじさんの家まで歩いて行った。

なんてことをしてしまったんだろう…

二人とも終始無言だった…

おじさんの家に着いた僕らは、おじさんの作った、熱い味噌汁をいただいた。

おじさんは、日が登ると直ぐに、俺とBの両親と、Aのばあちゃん(Aには、両親がいない為)を呼んだ。

Bはこのことがあって3カ月後、この村を出て行った。

僕は、高校を卒業してすぐ、両親と一緒に東京へ引っ越した。

Aは、おじさんの家で今もあの時のままです

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
33000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ