短編2
  • 表示切替
  • 使い方

クロ?

15~16歳の頃だったと思います。

その頃、家では黒猫を飼ってました。

名前は「クロ」(♀)

鈴のついた赤い首輪が似合ってました。

クロは飼いはじめて1年ほどで事故で亡くなりました。

その時、家には姉と私だけで、2人でクロを埋葬しました。

私の部屋でクロの思い出話をしている時です。

どこかから鈴の音が聞こえてきました。

最初は風鈴かと思いましたが、音色が違います。

一緒にいた姉も聞こえていました。

姉「鈴の音だよね?…クロは死んだからいないし…」

まだ他の家族は帰って来てません。

うちは一軒家だし田舎で隣の家とは少し距離があるので、外からの音ではありえません。

考えてる間もリンリンと鈴の音はしていました。

私と姉は耳をすませ、音がどこから聞こえるか探しました。

音はテレビの方から聞こえてきてます。

テレビの電源はオフ。テレビの回りにも鈴は置いてません。

テレビの裏は壁で、壁の向こうは階段です。

姉が階段を見に行きました。

姉「まだ聞こえてる?」

私「うん、聞こえる」

姉「おかしいなぁ?こっちは何も聞こえないよ?」

階段には何も置いてないし、階段に行くと鈴の音は聞こえません。

でも、部屋に入ると鈴の音は聞こえます。

私「て事は…壁から聞こえてる?」

壁にぺったり耳をつけて聞いてみました。

リン…リンリン

私「聞こえる!」

壁の中から微かに聞こえる鈴の音…。

その音はクロの首輪につけていた鈴の音に似ていました。

聞こえる間隔も、猫が歩いている感じに似ていました。

「クロがお別れを言いに来たのかな?」

そう話してる間に、いつの間にか鈴の音は聞こえなくなっていました。

鈴の音が聞こえたのは、その時だけです。

怖い話投稿:ホラーテラー 猫好きさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ