洒落にならない話~中編2~俺の部屋にて…

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

洒落にならない話~中編2~俺の部屋にて…

階段をかけ登り正面玄関に停めてある車に飛び乗り、アクセル全開で病院を後にします。

車の中では皆無言。

さっき起きた現実が理解できぬまま車を走らせ、気付けば家の前でした。時間は夜の3時半でした。

家の前でAが沈黙を破ります。

A「最後何て聞こえた?」

俺「何とか…か?かな。‘か’しか聞こえなかった」

B「早くて聞き取れなかったよ」

A「俺は‘けか’とか言ってたような気がしたけど」

俺「とりあえず無事に帰って来たんだし、酒でも飲んで撮ってきたビデオでもみようぜ」

ここで俺達3人にやっと笑顔がこぼれます。家に入り酒とつまみを用意してる時に何気なく2人に体は大丈夫か聞いたら、2人揃って大丈夫との事。一安心してスタンバイ完了。

ビデオを再生します。

まずは正面玄関のシーン。3人とも心なしか目をギラギラさせ、「何か」を期待させるような会話に笑顔も見えます。階段を登って3階に到着。画面にはAと俺の後ろ姿です。Aは汚ねぇ~とか言ってるし、俺はというと完全に挙動不審状態。それを見てAとBが笑ってます。そうこうしてるうちに画面は2階。皆酒の勢いもあってか、呑んで食べてであまり画面を見てません。

画面は2階から1階に降りて行くシーン。

するとBが言います。 「今A階段降りるときに何か蹴らなかった?」

俺とAの手が止まります。巻き戻して3人とも息をのんで見ると、Aが階段の踊り場の隅の方にある何かを蹴りました。もう一度巻き戻してスローで見ると…

花と缶ビール、緑色のモノ…多分線香の束です

俺とBはAを見ます。

A「全然気付かなかったし、暗くて分からなかったし…知らないよ!」完全にテンパってます。

画面は1階に到着。線香の匂いがしたとこです。画面にはちょうど「線香の匂いが…」と言ったとこで…

「ウァァァァァァァァァァァァァァァ~~~~~~~~」

突然TVから呻き声が。Aがリモコンを奪い取り上げ停止。さっきまでの笑顔が一瞬で吹き飛びます。

A「なんなんだ今のは?」

俺「あんな声聞こえる…わけないよね?」

B「聞こえてたらわかるはずだし、皆で逃げてるよ!」

Bは今にも泣き出しそうでした。

Aが切り出します。

A「とりあえずどうする?見るか?」

俺はすかさず見ようと答えると、Bも少し間を置き見ようということになりました。

再生ボタンを押して食い入るように3人はビデオを見ました。

これから見るものは一生後悔するものと知らずに…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名で…さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
45600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ