短編1
  • 表示切替
  • 使い方

深夜ノ怪

友人が高校時代の頃の話

当時、携帯電話があまり普及してない時代で、友人は家電話の子機を二階の自室に置いていた。

深夜、電話の着信音で目が覚めた。

なかなか鳴りやまない電話。

「…こんな時間に誰だよオイ」

友人は仕方無しに電話に出た。

無言電話。

そして切れる。

「ったく暇人の野郎…」

また電話が鳴る。

「ふざけんな…」

言いかけてハッとした。

…違う。

これは…

一階からの内線だ。

怖い話投稿:ホラーテラー 一之瀬 渡さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ