短編1
  • 表示切替
  • 使い方

よく分からない夢

続いてしまっている文章ですみません。

あまり覚えていないのあいまいに部分が多いです。

僕は夢を見た。

本当に夢だったのかは分からない。

幼い時(5~7才ぐらい)に怖い探検した。

僕はいつのまにか寝てしまったのだろうか。

トイレに行きたくて起きようとしたが怖くて起き上がれなかった。

親を起こそうと思って隣の布団の中に手を入れた。

でも親はまだいなかった。

僕は「親はまだ、1階にいてテレビでも見ているのかなあ?」と、思った。

必死で我慢した。

朝になった。

目を覚まして起き上がったら僕は1階の和式で寝ていた。

親が2階から降りてきた。

聞いてみると、自分は上へは行っていないといわれた。

僕はふと思った。

あの時、2階の部屋にいたはず。

いつも寝ている場所っだた。

なのに気付いたら1階の和式?僕は小さかったので分からなかった。

もし、あの時に起きていたらどうなっていたのだろうか。

確かにあの時に変だと思ったのが3か所あった。

1つ目はテレビ台のはずが人の方していた。

布団の感触が変だった。

廊下の方の電気は明るすぎだった。

今思うとなんだろう?

怖い話投稿:ホラーテラー めいろ(仮)さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ